草刈り110番コラム

おすすめできない雑草対策とは

草刈りや草むしりは、僅かな面積なら誰でも簡単に行う事ができます。しかし面積が広くなるほど重労働になりますし、時には体を壊してしまうこともあります。そのため、「できるだけ楽に草刈りをしたい」という方も多いでしょう。中には、独自の方法で草刈りをする方もいらっしゃいますが、それらの方法の中にはおすすめできないものも存在します。ここでは、そんな誤った方法を簡単にご紹介いたします。実行した経験がある方は、すぐにやめたほうがよろしいでしょう。

・熱湯を撒く
薬剤などを使っていない熱湯は、安全性が高いと思われるかもしれません。しかし、熱湯を撒けばその場所で生きる微生物などを殺してしまう事になります。つまり、土壌が悪化してしまうのです。また、枯れるのも地面から上に出ている部分のみで、根が無事であれば再び生えてきてしまいます。また、お湯を沸かして運ぶのに手間がかかるという欠点もあります。

・塩を撒く
誰でも簡単に実行でき、作業も簡単ですが、リスクの高い方法です。その土地に残留するため新たに植物を植える事ができなくなってしまいますし、雨とともに周辺に流出する恐れもあります。また、住宅の基礎や配管を劣化させる原因にもなってしまいます。また、純粋な塩を撒く以外にも、パスタの茹で汁や残飯などを撒くことで同様に塩害を広げてしまうこともあるのを忘れてはいけません。

このような雑草対策をするよりは、素直に除草剤を撒く方が安全かつ確実です。どうしても手作業での草刈りがご希望でしたら、草刈りのプロに依頼するのが良いでしょう。費用はかかりますが、最も安全性と確実性が高い方法と言えます。

  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業
草刈り/芝刈り/草むしり(草取り)でお困りなら、お気軽にご相談ください!
0120-949-868 24時間365日、日本全国受付対応中!
無料メール相談へ
スタッフのイメージ