草刈り110番コラム

スギナとツクシの関係について

2月ごろから4月頃に掛けて地中から伸びてくるツクシと言えば、春の風物詩としてよく知られています。摘み取っておひたしなどにする料理の食材としても知られていますが、実はこれも園芸や農業を行う人にとっては雑草として知られている事をご存知でしょうか?
ツクシは実は、スギナという雑草の胞子茎(ほうしけい)という部分で、ツクシの先端部には、スギナの種とも言える胞子が大量に詰まっていて、時期が来ればツクシの先端部からは胞子が風に乗って舞い上がり、徐々に増えていくことになります。
スギナは地下茎によって増えていく雑草なので、一度根付くとちょっとやそっとでは一掃出来ない難防除雑草です。
万が一、ご自宅敷地内などにツクシが生えているのを見つけたら、早めに摘み取ってしまうのがおすすめです。
しかし、摘み取っても食べるものでは無いという方は、どうしても放置してしまいがちですが、その場合は草刈り業者に頼んですべて抜いてもらうようにするのも、良いかもしれません。
今までスギナをお庭で見なかったのに、今年から見るようになったという方は、今年がスギナ防除が簡単に出来る最後のチャンスかもしれませんので、どうぞ当サイトまでお早めにご相談ください。

  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業
草刈り/芝刈り/草むしり(草取り)でお困りなら、お気軽にご相談ください!
0120-949-868 24時間365日、日本全国受付対応中!
無料メール相談へ
スタッフのイメージ