草刈り110番コラム

太陽光発電の草刈りも忘れずに

太陽光発電システムが一般に普及するとともに、発電能力あたりの単価も下落してきたので、大量に同じモジュールを並べて、太陽光発電所としてご利用されている方も中に入ると思います。特に地方での休耕田の有効活用方法として、太陽光発電所へ転用する事例もよくありますが、その際に問題になるのは、雑草のことです。
休耕田のように雑草の生えやすい場所に作られている太陽光発電システムについては、雑草の影響を受けやすい環境となっています。実は太陽光発電システムに与える雑草の影響にはいくつかありますが、その一つが、発電効率の低下です。
太陽光発電はその名の通り、パネル面に太陽光が当たることにより電気を生み出すものですが、雑草の草丈が伸びれば、パネル面に覆いかぶさり、雑草のせいで発電効率の低下を招くことにもなります。
また、パネル裏側の雑草が生い茂ると、風通しが悪くなり、パネルが加熱して発電効率が落ちると言われています。
冬場はともかく、春、夏は特に雑草の生育も早いので、今のうちから対策について考えてみませんか?

  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業
草刈り/芝刈り/草むしり(草取り)でお困りなら、お気軽にご相談ください!
0120-949-868 24時間365日、日本全国受付対応中!
無料メール相談へ
スタッフのイメージ