草刈り110番コラム

防草に失敗した場合もご相談を

毎年発生する雑草に辟易している方もいらっしゃるのではないでしょうか。草刈り、草むしりも決して楽な作業ではないため、ご家庭によっては何らかの防草対策を行っていることもあるでしょう。しかし、せっかく対策を行ったのに雑草が生えてきてしまったという事例もあるのです。ここでは、その失敗例をご紹介いたします。

・砂利の下から雑草が生えてきた
砂利を土の上に敷いておくことで、雑草に日光が当たらなくなります。そのため雑草は生長することができなくなります。
しかし、砂利は少しずつ地面に埋没していきます。そうなりますと砂利の層が薄くなり、徐々に下の土が露出していきます。そうなりますと砂利の効果が弱くなり、隙間から雑草が伸びてきてしまいます。

・防草シートの隙間から雑草が生えてきた
防草シートは地面を覆う事によって日光を遮り、雑草の生長を妨げます。また、砂利のように沈み込む心配もありません。
しかし、防草シートの隙間から雑草が生えてきてしまう事があります。また、シートが劣化すれば穴が空いてしまう事があり、その隙間に根付いてしまう事もあるのです。

他にも、良かれと思って行った雑草対策が無意味になってしまう事があります。何度雑草対策を行っても雑草が生えてくる場合には、草刈りを依頼するとともに、雑草対策についてもご相談されるのがよろしいでしょう。

  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業
草刈り/芝刈り/草むしり(草取り)でお困りなら、お気軽にご相談ください!
0120-949-868 24時間365日、日本全国受付対応中!
無料メール相談へ
スタッフのイメージ