草刈り110番コラム

雨の日の草刈り

草刈りを行うのは、何も晴天の日だけとは限りません。連日雨が降ったり、急いで草刈りしなければならないときなど、雨天時に草刈りを行わなければならないときもあるでしょう。雨天のほうが草刈りが行いにくいというイメージがあるかと思いますが、実際はどうなのでしょうか。

結論から申しますと、雨天での草刈りは避けたほうがよろしいでしょう。
雨が降っていれば、当然体を濡らし、冷えてしまうこともあるでしょう。また、斜面での草刈りになりますと滑ってしまう危険もあります。泥に足をとられることもあるでしょう。
さらに、雨天時は草刈機の使用が推奨されないという欠点もあります。エンジン式にしても電動式にしても、雨天時に草刈機を稼働させるのは故障の原因になってしまいます。電動の場合は感電のリスクもあるでしょう。上手く草刈機を濡れないようにしたとしても、雨天時は泥跳ねしやすいですし、草が雨の重さで反ってしまうため肝心の草刈りも難しくなってしまいます。
なんとか草刈りを終えたとしても、水を含んだ草は重く、処分も難しくなってしまいます。濡れた草刈機も、水分が入り込まないように丁寧に拭き取って乾燥させる必要があります。

雨天時に草刈りを行うメリットは、ホコリが舞い上がりにくいといった点ぐらいかもしれません。雨天の草刈りは綿密な準備と手間の掛かる処分が待っており、決しておすすめできる作業ではないのです。それでも雨の日に草刈りを行わなければならないということでしたら、当サイトよりご相談し、草刈りのプロに任せるようにしてください。

  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業
草刈り/芝刈り/草むしり(草取り)でお困りなら、お気軽にご相談ください!
0120-949-868 24時間365日、日本全国受付対応中!
無料メール相談へ
スタッフのイメージ