草刈りの経費分類と税・保険について

草刈り作業は一般住宅のみならず、会社や店舗、施設などでも定期的に行われる作業となります。頻繁にお客様を招き入れる場所となりますので、ある程度の美観を保ち続けなければいけない事から、費用についても心配される内容の1つと言えるのではないでしょうか。しかし安さだけに気を取られてしまえば、後になって大きなトラブルを引き起こしてしまうリスクもあるのです。そのような問題点を未然に防ぐためには、草刈り業者の適切な見極め方や経費、保険について学んでおく事が重要と言えるのです。ここでは皆様が多くのメリットを得られる重要なポイントや注意点を説明していきます。


草刈り作業のイメージ

【個人で行う草刈り作業の一例】

  • 一般住宅におけるお庭の草刈り
  • 畑や菜園などにおける草刈り

これらは主に小規模で行われる場合が多く、万が一のトラブルに備えた対策法が重要となります。

【法人・事業主が行う草刈りの作業一例】

  • 敷地整備による草刈り
  • 会社や店舗、施設での美観を保つ草刈り

こちらは大規模となる事も予想されますので、費用だけでなく作業後の仕上がりについても追求する必要があります。

個人

草刈り業者に依頼

事業主必見!草刈り時に気を付ける3つのポイント

草刈り費用を抑えるためには?

草刈り費用を抑えるためには?のイメージ
草刈りの勘定項目は何にあたるのか

草刈りは勘定項目上、「資産維持費」及び「衛生費」として積算内容の一部が経費で認められる事になります。税務署へ申請を行い、必要経費として認可が下りれば税金対策としても非常に有効的な方法となるでしょう。草刈りは定期的に行わなければいけないからこそ、予めこのような対策を取っておく必要があるのです。

経費削減のために、業者選びの際に気を付ける事

・見積もりの比較

費用を抑えて草刈り請負業者を選ぶコツとして、沢山の会社から見積もり請求を行い、比較することが挙げられます。労務単価などが公表されていれば、施工費の設計書などを作成し、目に付きやすい金額だけにとらわれない判断が大切となります。しかし安ければ良いという内容でもありませんので、金額の上下を問わず、標準価格とどれほどの差があるのかをしっかりと確認する必要があるでしょう。

・防草処理を行うかどうか

一度の費用を抑える方法ではありませんが、草刈り作業後に防草処理を行うことで、次回の草刈り時の際に頻度や費用を抑えることができます。つまり、長期的な経費対策として、この防草処理は非常に大切な確認項目になるのです。

・税金対策として勘定項目を設定しよう

・草刈りの費用を抑えることも、もちろん経費対策には重要

費用対策のために自社で草刈りを行っては?

費用対策のために自社で草刈りを行っては?のイメージ
経費削減?損害賠償?

草刈りは刃物で草を刈りとる作業になりますので、使用方法や安全対策を守らなければ大きなトラブルに繋がってしまう恐れがあります。経費削減のために、自社の社員に草刈りを任せている企業もありますが、トラブルによっては社員や会社に損害を与えてしまう場合がありますので注意が必要です。下記でトラブルの一例を紹介していきますので、安全管理に役立てて下さい。

草刈り中に起こりうる主なトラブル

・ケガ

草刈り機の多くは刃がむき出しになっていますので、刃物との接触によってケガをしてしまう場合があります。刈手である社員がケガをしてしまう場合や、通行人にケガをさせてしまう場合などもあります。

・飛び石

草刈り作業に慣れていないと、地面にある小石が草刈り機に跳ね上げられることがあります。この飛び石によってケガをさせてしまう場合や、車などに被害を与えてしまう場合があります。

・ケガや飛び石など、様々なトラブルが起きる場合がある

・社員や会社を損害から守るためにも、自社での草刈りには注意が必要

トラブルを防止するためにきちんと対策をしましょう!

トラブルを防止するためにきちんと対策をしましょう!のイメージ
前もって行っておく対策

・保険加入

草刈りは危険を伴う作業とも言えますので、個人や業者への依頼にかかわらず、「対人・対物賠償」の労災保険や一日保険に加入しておく事が大切です。

・有識者に相談をする前もって税理士や弁護士に相談しておくことも大切です。前者は税務署への認可対策として、後者はトラブル時の損害を低減するために、一度相談をしておきましょう。

社内外に日時を公表する

作業の日時を社内外にきちんと伝えておくことも重要なリスク管理になります。特に作業日に来客がある場合には、草刈り機を使用する旨や飛び石の危険性について説明しておくようにしましょう。

・トラブルを未然に防ぐために、安全対策を予め行っておくことが重要

・万が一のトラブルの際の備えも欠かさないようにする


草刈り作業は事前準備を万全に備えた上で、賢く行えれば個人や法人にとっても非常に有意義な作業であると言えます。しかし、準備や確認を怠った状態で深刻なトラブルが発生してしまった場合は、個人の予想をも遥かに上回ってしまうリスクとなってしまうのです。心から安心する事の出来る草刈り作業を行うためにもしっかりと見直しや確認を行い、自身へのメリットへと変化させる事が重要になります。ご不安がある際や快適な環境作りを手にしたい方々などは、今一度これらを慎重に見直す事で今後にとっても良い結果を得られる対策となるでしょう。

草刈り/芝刈り/草むしり(草取り)でお困りなら、お気軽にご相談ください!
0120-949-868 24時間365日、日本全国受付対応中!
無料メール相談へ
スタッフのイメージ