スギナを根絶してお庭をスッキリ!適切な除草剤選びがポイントです

スギナを根絶してお庭をスッキリ!適切な除草剤選びがポイントです

雑草には種類がたくさんありますが、駆除のプロでも頭を悩ませる雑草があります。それが、「スギナ」です。スギナは繁殖力が強く、完全に駆除することは難しいといわれています。そのため、スギナを駆除する際は雑草駆除のプロに依頼するのがよいです。

しかし、中にはスギナを自分で駆除したいという方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は、スギナの駆除が難しい理由と駆除方法を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

スギナの駆除が難しい理由

スギナの駆除が難しい理由は茎にあります。地面の下にある茎は何本もつながっています。駆除したとしても、茎が少しでも残っていると、再び茎が生えてしまうのです。そのため、すべての茎を駆除することは困難であるといえます。

また、スギナは寒さに強く、1年中枯れることがない多年草です。どの季節でも草が生えるといわれています。このように繁殖力が強いこともスギナの駆除が難しい理由です。

茎を残さず駆除しなくてはならないため、スギナを駆除することは大変難しい作業です。自分で駆除しようと思っても上手くできないかもしれません。そのようなときはプロの力を借りることが一番です。ぜひ、草刈り110番をご利用ください。24時間365日受け付け対応しております。

スギナの駆除は「除草剤」の選び方がポイント!

プロでも駆除することが難しいといわれるスギナですが、自分で駆除をおこなうこともできます。自分で駆除したいという方もいらっしゃるでしょう。そこで、ここからはスギナの駆除方法を紹介します。

【芝生で除草する場合】選択性除草剤を使う

【芝生で除草する場合】選択性除草剤を使う

芝生で除草する場合は選択性除草剤を使うのがおすすめです。選択性除草剤は雑草だけを駆除することができ、ほかの植物への被害を最小限に抑えることが期待できます。

ただし、除草剤を使う際には注意が必要です。スギナの種類によっては効果に違いがでるため、説明書をしっかりと確認する必要があります。小さなお子さんやペットがいる場合は、誤って除草剤に触れないように注意してください。

【畑で除草する場合】茎葉処理型の除草剤を使う

畑で除草する際は茎葉処理型の除草剤を使いましょう。茎葉処理型とは茎や葉に薬剤が吸収されて枯らすことができる除草剤です。即効性があるといわれているので、すぐに枯らすことが期待できます。

畑のスギナは広範囲で生えていると駆除が大変なことが多いです。また、スギナをクワなどで刈るのはおすすめできません。なぜなら、すこしでも根が残ってしまうと、そこから根が伸びてしまうからです。

【花壇で除草する場合】はけで除草剤を塗る

花壇にあるスギナを除草する際は、はけで除草剤を塗るようにしましょう。一気に除草剤を使ってしまうと他の植物が枯れてしまうおそれがあるからです。

花壇が広くなければ、作業は比較的早く終わりますが、花壇に生えているスギナが多ければ、作業に時間がかかってしまいます。他の植物に除草剤がかからないように慎重に作業をする必要があるので、労力がかかるでしょう。

除草後は予防を忘れずに!

除草した後は再び草が生えないように対策をするとよいです。おすすめの対策としては砂利を敷くことと防草シートを貼ることです。このふたつを一緒に使用することをおすすめします。

なぜなら砂利だけの場合、どこからか雑草の種が飛んできて、石と石の隙間から雑草が生えてくることがあるからです。また、防草シートだけの場合は風でめくれてしまうことがあり、石と同様にシートに隙間があるとそこから雑草が生えてしまいます。日光によって防草シートの劣化にもつながります。

防草シートの上から砂利を敷くことによって、砂利が防草シートの重りになってめくれにくくなるのです。また、砂利が防草シートから日光を遮断してくれるので劣化しにくくなります。砂利と防草シートを同時に使用することによって、より草が生えにくくなることが期待できます。

自分でおこなうことができる対策を紹介しましたが、スギナの生えている状況などによっては駆除することが難しいかもしれません。そのようなときは、無理をせず雑草対策のプロに依頼するのがよいでしょう。

スギナの駆除にあまりおすすめできない対策

スギナの駆除方法は上記で紹介しましたが、他にもいろいろあります。しかし、おすすめできない対策もいくつかあるので、ここで3つご紹介します。

その1:熱湯をかける

スギナの駆除にあまりおすすめできない対策

雑草対策として熱湯をかけるとよいと聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。たしかに雑草対策として熱湯は効果があるといわれています。そのため、スギナが生えている範囲が広くなければ、熱湯を使ってもよいでしょう。しかし、根の部分までしっかりと熱湯をかけて枯らすことは難しい作業であるといわれています。

また、広範囲であれば、熱湯を用意するのは大変で、火傷をするおそれもあります。この方法は非常に労力のいる作業であるのでおすすめできません。

その2:塩をまく

スギナを駆除する方法として塩をまく方法は、効果があるといわれています。しかし、熱湯と同じように完全に根を枯らすまでには、大量の塩が必要になります。塩が土に残ったままになってしまうと、その場所では植物が育たなくなってしまうおそれがあります。

また、塩が雨で流れてしまうと周りの建物や配管などに被害を与えてしまうおそれもあります。塩分はコンクリートや配管などを酸化させてしまうため、劣化の原因となってしまうのです。そのため、塩をまくことはなるべく避けましょう。

その3:石灰をまく

石灰をまくことによって、土がアルカリ性になります。酸性の土壌を好む雑草であれば、石灰によって土壌が中和され、雑草が生えにくくなるといわれています。

しかし、スギナは中性の土壌を好むため、スギナが生えやすくなってしまうこともあります。また、石灰をまくことによって他の植物が育たなくなるおそれがあります。スギナの近くに他の植物がある場合は、石灰は使用しないほうがよいです。

しつこいスギナの除草は業者に頼むといくらかかる?

これまでスギナの除草方法を紹介しましたが、スギナの駆除は難しく、自分で駆除方法を試してみても上手くいかないこともあります。そのため、少しでも不安があるのであれば、プロに依頼することをおすすめします。

業者に依頼するとなると気になるのは費用ではないでしょうか。スギナの駆除にかかる費用の内訳は、相場は基本料金と追加料金の合計となっているところが多いです。基本料金は1平方メートルあたり500円が相場です。

追加料金は薬剤などの道具、出張費などです。さまざまな状況によって料金は変わってくるため、いくらかかるかは業者に確認する必要があります。作業にかかる訂正な金額を知るためには、複数の業者に見積りをとることをおすすめします。業者によっては雑草が生えないように対策してくれるところもあるので、相談してみるとよいでしょう。

少なくても3社に依頼して、料金を比べることをおすすめします。草刈り110番では、見積りを無料でおこなう業者をご紹介いたします。業者への依頼を検討している方は、ぜひご利用ください。

まとめ

今回はスギナを駆除する方法を紹介しました。スギナは地面の下に何本も茎がつながっているので、少しでも茎が残っているとまた生えてきてしまいます。繁殖力が非常に強いので、自分で駆除することは難しいでしょう。

駆除方法として、除草剤を使用することをおすすめします。駆除する場所に適した方法でおこなってください。自分で駆除するのが不安という方は、迷わずプロの業者に依頼することをおすすめします。

【スギナの除草方法に関する記事はこちら】

なんども生えてくるスギナを根絶したい!効果的な方法とは!?
スギナは除草剤で駆除しよう!「時期」や「場所」で異なる種類と方法
地獄草、スギナ!駆除しきれない雑草のラスボスを除草するには

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業