塩化カルシウムは除草のお役立ちアイテム!おトクに雑草を除去しよう

塩化カルシウムは除草のお役立ちアイテム!おトクに雑草を除去しよう

雑草を除草したいと考えた場合、除草剤を使うことが常識ではありますが、子供やペットがいる家庭では使うことを躊躇してしまいます。除草剤を使わずに除草したい場合、身近にある塩を使うことで高い除草効果を得ることができると言われているのはご存じでしょうか?

家にある塩を雑草に撒くだけなので安く、しかも即効性もあります。しかしメリットだけでなく、いくつか注意しなければいけないこともあります。間違った使い方をすれば、ご自宅だけでなく周囲の環境にも問題を与えてしまいます。

塩を除草に使用する場合には正しい知識をつけ、正確な手順で進めていかなければいけません。今回は塩で除草する際のリスクや手順だけでなく、塩意外にもある簡単な除草方法をいくつかご紹介します。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

効果は高いがリスクも高い対策

先ほども述べたように、除草の際に塩を使用することで高い除草効果が得られます。しかし、メリットだけでなくいくつかのリスクもあるので、正しい知識を付けることが重要です。

塩を雑草に撒くと、塩に含まれる塩化カルシウムが雑草の水分を吸収します。そのため、雑草から水分が失われていき、枯れていくことで高い除草効果を得ることができます。しかし、他の植物には注意が必要です。作物や木など他の植物が植えられている場所に塩を撒くと、それらの植物も枯れてしまうのです。

また、塩には土壌で分解されないという性質があるため、塩を撒いた土壌には塩が残留し植物が今後生えにくくなります。この効果は半永久的に続きます。雑草だけでなく、花や作物も生えてこなくなるため、今後なにかを植えたいと考えている方は注意しなければいけません。

雨が降った影響により塩が周囲に流れ、周りにある畑や水田、地下水などの関係のない場所にも深刻な影響を与えてしまうことあるので注意してください。

住宅や配管に対しての影響にも気を付けなければいけません。塩は鉄筋コンクリートを酸化させ、コンクリート剥離などのダメージを与えてしまいます。水道や配管、電話線にも被害が及ぶというリスクもあるため注意が欠かせません。

塩の影響をうけた土地の塩分濃度が高くなってしまった場合は、その土地の価値も下がり売る際土地の価格が安くなるといった問題もあるので気を付けましょう。

雑草を半永久的に枯らすという意味では、塩を除草に使うのは効果的です。しかし、塩には高い除草効果だけでなくいくつかの問題もあるため、試してみる際には周りの環境をしっかりと把握しておく必要があります。

塩を使った除草の手順

塩を使った除草の手順

塩を使った除草の正しい手順をご紹介します。

インターネットなどでも購入することができる国産の海水塩を用意します。それをそのまま撒くだけでも効果はありますが、塩に水を混ぜ、海水のような水を作りそれを雑草にかけるのも効果的です。海水の濃度は少し濃いくらいでもよく、3.5%程度が良いようです。それ以上濃いものを作りたい場合は、5%ほどの濃度にすることがおすすめです。

塩を使い除草する場合は、土壌の塩分濃度を上げることが重要になってくるので、塩をまく際は大量に撒くとより効果的になります。もし雨が降っている場合は、撒いたとしても雨水によって流れてしまうことや、中和を起こし効果が薄れてしまうこともあるので、雨の日に塩を撒くことはなるべく避けましょう。

さらに水と塩を混ぜたものの中に酢を入れることも効果的です。塩を使う除草方法は簡単なため、手軽におこなうことができます。

ほかにもある簡単な除草方法

塩を撒く以外にも簡単に除草がおこなえる方法があります。その中でも一番手軽にできるのが除草剤を使った方法です。また、除草剤以外にもお湯や重曹、お酢、防草シートや砂利を使った除草の方法も存在します。

ここからは、塩を使う以外の簡単な除草方法について、やり方や除草効果を紹介していきます。

手軽に除草できる「除草剤」がオススメ!

手軽に除草できる「除草剤」がオススメ!

除草をするのに最も手軽で効果的なのは、除草剤を使う方法です。除草剤といっても、葉に散布する液剤のタイプや土壌に撒く粒剤のタイプなどさまざまあります。

すでに生えている草を枯らしたい場合は茎葉処理型(主に液剤タイプ)、これから生えてくる草を防ぐなら土壌処理型(主に粒剤タイプ)の除草剤を使いましょう。

茎葉処理型は、茎や葉に散布すると薬剤の成分が吸収されて、雑草を枯らしていきます。植物を枯らしてしまうので、ほかの枯らしたくない植物の葉などにかかってしまわないように使用しましょう。

土壌処理型は、土の表面に残るため、雑草が新たに生えてくるのを防ぎます。直接土に撒く場合は周りに野菜や有用植物などがないか確認しましょう。雑草以外の植物も生えてこなくなってしまうおそれがあります。

簡単だけど効果が期待できない除草方法

効果には期待できませんが簡単に除草できる方法もいくつかあります。身近で用意できるものとして、「お湯」「重曹」「お酢」を使った方法があります。それぞれの方法についてか単に説明します。

・お湯
お湯を使って除草する方法もあります。お湯をかけることは火で雑草を焼くのと同じで、雑草の中の細胞を壊して枯らすことができるのです。

お湯での除草は、手が届かないタイルの隙間や、コンクリートの隙間の狭い場所に使うのがよいでしょう。しかし表面のみの除草になってしまうため、すぐに新しい雑草が生えてきます。

枯らすためには熱湯にしなければならないため、やけどには十分気をつけなければいけません。

・重曹
重曹を撒くことも熱湯をそそぐのと同様で除草効果があります。重曹が植物内部に吸収され細胞を破壊し、さらに水分の蒸発を促します。浸透性はあまりないですが、臭いもなく、環境に影響を及ぼすことがありません。

・お酢
塩やお湯より効果が高いお酢を使って除草することもできます。酢を使う場合、乾燥していたり太陽が出ていたりするときに作用を発揮します。

寒い日や曇りや雨の日に使うと効果はあまり見受けられません。数時間太陽にあてることにより、酢酸で雑草を乾燥させて除草することができるのです。

スプレー容器にお酢を入れて、雑草に固定させるために少しの食器用洗剤を入れることで、除草することができます。コンクリートや金属などが酸化してしまうこともあるため、注意しながらお酢を振りかけることを心がけましょう。

除草後の対策も忘れずに!

除草後に雑草が新たに映えてくるのを防止するために、防草シートをしくことにより、草むしりの手間が省けます。防草シートをしくときは、隙間ができないようにしきましょう。でないと、隙間から雑草がでてきてしまいます。

また防草シートは黒色が多いため、景観をよくするために砂利をしいていくと、黒単色よりかは見栄えもよくなるでしょう。

業者に雑草駆除するメリット・費用相場

自分で手入れができればいいのですが、仕事だったり時間がとれなかったりと難しいこともでてきます。手作業で草を刈る場合、長期間草刈りをしていると足腰に負担がかかったり、熱中症をひきおこしたりしてしまうかもしれません。

雑草が伸び放題になって放置しておくと、ご近所トラブルの元になる花粉症や害虫被害がでてきてしまいます。

業者に雑草駆除の依頼をすることによるメリットもいくつか存在します。「時間の節約」「手間がかからない」「道具を用意する費用がかからない」といったことです。ほかにも、身体の負担がかからず、仕上がりがきれいになります。

業者に駆除を依頼する場合、ホームページを確認しましょう。お庭の面積につきいくらかかるか明確にしてくれるところを選ぶといいです。だいたいの相場は「1坪500円~」や「1平米200円~」くらいです。業者によって金額は少し変わってくるので、詳細は依頼する際に聞くようにしましょう。

まとめ

除草を塩でおこなう場合は、周りの環境や今後そこに花や食物を植える可能性を考えてから行うようにすることが重要になります。塩の除草効果はとても高いため、正しい手順でおこなえば除草効果は非常に大きいです。

塩を使う以外にも簡単な除草方法があるということを理解し、用途にあった手段を試してみましょう。業者に任せるということも頭にいれておくと良いです。

雑草で悩まれているときは、幅広い方法を知ってベストな選択をすることでより効果的な除草を行うことが可能です。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業