草刈り110番コラム

草むしりには熱湯が有効?利点と欠点をおさえて雑草を処理しましょう

 除草に熱湯を使うのはあり?熱湯の効果を知って除草に役立てよう

 

「熱湯で雑草を除去できると聞いた」という方も多いでしょう。「除草剤を使ったり、草刈りをしたりしなくても、雑草を除去できるなんてほんとなの?」と思う方もいるかもしれません。

じつは雑草は熱湯によって除去することができます。しかし、熱湯で除草する際は注意するポイントがあるのです。そこで今回は、熱湯による除草効果、メリット・デメリット、熱湯以外の除草方法などについてご説明していきます。

 

 

熱湯は除草効果があるのか?

除草は熱湯で本当にできるのでしょうか?この章で、熱湯の除草効果、除草方法について詳しくご説明していきます。

熱湯による除草効果

結論からいうと効果はあります。熱湯によって雑草が枯死するためです。用意するのは熱湯だけなので、除草剤よりも環境にやさしく、よりお手軽に雑草を除去することができますよね。

熱湯には、雑草除去の効果はあります。しかし、熱湯は雑草の根の部分までは浸透しにくいため、より効果を求めるなら大量の熱湯が必要になります。

 

熱湯で除草する方法

なるべく温度が高いほうが、効果は期待できるでしょう。お湯が沸いたらすぐに雑草にかけるのが最善策。60~70度のお湯をかけても効果があったという報告もありますが、確実に雑草を除去するためには、お湯が湧いたらすぐに雑草に熱湯をかけるのがオススメです。

このとき、急ぎすぎてヤケドをしないように気をつけてくださいね。

 

除草に熱湯を使うメリット・デメリット

除草に熱湯を使うメリット・デメリット

 

除草に熱湯が効果的であることがわかりましたが、具体的にどういうメリットがあるのでしょうか。また、熱湯を使うことによるデメリットはあるのでしょうか?この章では、除草剤として熱湯を使うメリット・デメリットについてご説明していきます。

【メリット1】手軽に除草できる

熱湯を使うメリットといえば、なんといっても手軽にできることです。お湯を沸かすだけなので手間もかかりません。また、お金もほとんどかかりません。雑草を除去したいけど時間がない、という方は試してみるとよいでしょう。

 

【メリット2】環境にやさしい

熱湯を使うことによる二つ目のメリットは環境にやさしいこと。除草剤のように化学薬品を使用していないので、ペットやお子さまのいるご家庭でも安心して除草することができます。除草剤の安全性が心配という方は、熱湯を使って除去することをオススメします。

 

【デメリット1】除草効果が薄い

熱湯を使うことはメリットもありますが、デメリットもあります。その一つが、熱湯は除草効果が薄いこと。熱湯を土の深い部分まで浸透させるのは難しく、土の表面部分にしか効果がありません。

そのため、雑草を根まで除去しなければならないという場合、熱湯を使うことはオススメできません。

 

【デメリット2】ヤケドのリスクを伴う

熱湯を除草剤として使うことの二つ目のデメリットが、ヤケドのリスクを伴うことです。除草剤を使わない分、熱湯で除去するのは安心・安全だと思う方も多いでしょう。

しかし、熱湯を除草剤として使う場合、大量の熱湯が必要になります。また、急いで運ばなければなりません。

お湯を沸かす場所から、雑草を除去したい場所まで離れている場合、急いでしまって熱湯をこぼして大ヤケド……。なんていうリスクもあるのです。

熱湯を除草剤として用いる場合は、ヤケドには十分注意しておこないましょう。念のため、ヤケドの薬などを用意しておくと安心です。

 

熱湯以外の方法で除草するには

「熱湯は除草効果が薄いので、もっと確実に効果がある方法を試したい。ただ、除草剤を使うのは安全面が不安。」

除草したい方の中にはこう思われる方もいるかもしれません。除草を熱湯以外の方法ですることもできます。そこでこの章では、熱湯以外の除草方法をご紹介していきます。

家庭にあるもので雑草対策

じつは熱湯以外にも家庭のものを使って、お手軽に雑草対策ができるのです。ここでは二つの方法をご紹介します。

・重曹

料理や掃除に使うことが多い重曹。重曹にも除草効果を期待できます。熱湯と同じように、除草剤を使わないので、人に無害なことが大きな魅力でしょう。

ただし、重曹自体には植物に浸透する効果はないので、鎌などで雑草の表面に傷をつける必要があるので手間はかかってしまいます。

 

・塩

「塩水で除草することができる」と聞いたことがある方もいるかもしれません。確かに、塩水をまくことで除草することができます。

ただし、塩を使って除草する場合には注意する必要があります。土は塩を分解する作用がないので、塩水をまくと土の中にずっと塩が残っています。そのため、塩をまいた場所でまた植物を育てたいという方に、この方法はオススメできません。

また、塩を使うことで塩害のリスクを伴います。最悪の場合、ご近所トラブルに発展してしまうかもしれませんので、塩を除草剤として使う場合にはかなりの注意が必要でしょう。

 

ホームセンターにあるもので雑草対策

ホームセンターにあるもので雑草対策をすることができます。ここでは3つの方法についてご説明していきます。

・防草シート

防草シートはホームセンターで売っているので、簡単に手に入れることができます。防草シートを敷くだけで雑草対策することができるので、とても手軽な方法でしょう。

しかし、防草シートは景観が損なわれるという欠点もあります。庭などの景観を保ちたい場合は別の方法で雑草対策を検討しましょう。

 

・砂利

「景観が損なわれるのがイヤ」という方は、砂利を敷く方法をオススメします。ただ、砂利は厚みが十分でないと、土がむき出しになってしまうので、砂利を敷く際には十分な厚みにしましょう。

また、防草シートの上に砂利を敷くという方法もあります。費用はかさんでしまいますが、より確実に景観を損なわず雑草対策をすることができますよ。

 

・タイル

庭をオシャレにしつつ、雑草対策をする方法もあります。それは、庭にタイルを敷くこと。タイルを敷くことで、土にあたる日光を遮断できます。そのため、除草効果は非常に高いといえるでしょう。

タイルはコストがかかってしまいますが、庭に並べるだけでよいタイルもあるので、手間もかかりません。庭をオシャレにしつつ、雑草対策をしたい方にオススメの方法です。

 

自分での除草が大変なときは業者に依頼する方法も

自分での除草が大変なときは業者に依頼する方法も

 

「時間がなくて自分で除草している暇がない」「自分で雑草対策するのは不安」という方も多いと思います。そういった方は業者に依頼するという手段もあります。

では、業者に依頼することでどういったメリットがあるのでしょうか?また、よい業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?以下で詳しく解説していきます。

業者に依頼するメリット

業者に依頼すると、手間がかかりません。自分で雑草を除去しようとするとかなり手間がかかってしまいますが、業者に依頼するには電話を入れるだけで済みます。

除草したい範囲が広い方や、時間がなくて雑草を除去できないという方はぜひ利用してみてください。また、業者に依頼することでより確実に除草できます。徹底的に除草したいという方は業者に依頼しましょう。

 

よい業者の選びかた

よりよい業者に依頼するにはどうしたらいいのでしょうか?ここでは、よりよい業者に出会うために、業者の選びかたをご説明していきます。

・相見積りをとる

よりよい業者に選ぶためには、複数の業者から相見積りをとってください。相見積りをとることで、相場を知ることができます。また、不当に高額な料金を請求してくる業者を避けることもできるのです。相見積りは、業者選びには必須の手順といえるでしょう。

 

・実績を確認する

業者の実績を確認することで、業者の信頼度をはかるという方法もあります。実績が豊富な業者ほど、より多くの経験を積んでいるということなので、安心して除草を任せることができますよね。業者の実績はホームページ等で確認することができるので、一度確認してみてもいいかもしれません。

 

・口コミを確認する

ホームページで確認できない情報を、口コミサイトで確認するという方法があります。口コミサイトを見ることで、実際に業者を利用した方の声を知ることができます。ぜ活用してみてください。

 

まとめ

今回は除草に熱湯は本当に効果があるのか、メリット・デメリット、その他の方法について解説してきました。

雑草は熱湯で除去することはできますが、メリットだけではなくデメリットもあります。「確実に除草したい」という方や、「ヤケドするのが心配」という方は他の方法を試してみてください。

自分で雑草を除去できない場合には、業者に依頼する方法もあります。雑草を除去してくれる業者は多いので、よりよい業者を見つけて早めに雑草を除去したいですね。

  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業