草刈り110番コラム

雑草を枯らす方法メジャーな3つを検証!低リスクで効率がよいのは?

雑草を枯らす方法メジャーな3つを検証!低リスクで効率がよいのは?

 

いつのまにか庭に生い茂っていた雑草を見たら、さすがに雑草対策をしないと!と思いますよね。しかし、いざ雑草を処理しようと思ったらすごく大変なことは想像に易いでしょう。

 

雑草が生えてくる前になにかできる対策があれば一番いいけど、そんな方法があるのか。生えてしまった雑草は仕方ないから処理したいけど、どんな方法が一番よいのか。

 

簡単に身近にあるものでできる方法から、定番である除草剤を使った方法まで、どんな方法がより効率よく、効果的に雑草対策ができるかを、ご紹介します。

 

 

雑草を枯らすのに有効かつ土への害がないのは【熱湯】

雑草対策でまず頭に思い浮かぶのは、除草剤ではないでしょうか。除草剤は雑草対策をするうえでとても便利なものではありますが、化学成分が含まれているため、できれば使用するのを避けたいという方も多いと思います。

 

一方、熱湯は環境にも優しく、最近では熱湯で雑草対策をされる方も増えているそうです。では、熱湯にはどれほどの効果があるのでしょうか。

 

熱湯で雑草が枯れる理由。完全に枯らすことは可能なのか

熱湯を雑草にかけることによって、バーナーで焼いていることと同じ状態になるため、雑草を枯死させることができます。

 

地面から生えている部分は熱湯を用いることで比較的簡単に枯らすことができます。しかし、根の部分まで枯死させるには地中まで熱が伝わるように、十分な量の熱湯をまかなければ、完全には枯死させることができないようです。

 

また、根が横に広がって生えているタイプの雑草には広い範囲に熱湯をまく必要があるため。根まで枯らさなければならない雑草とは、相性がよくないようです。

 

熱湯で雑草を枯らすメリット

熱湯で雑草を枯らす方法のメリットは、業者に依頼することもなく、薬剤を買いに行く手間もなく、家で沸かしたお湯をかけるだけでよいことです。すぐに実践できる手軽な方法といえるでしょう。

 

また、熱湯を使用した方法はコンクリートの隙間から生えてくる雑草に、比較的有効といわれています。手では抜きづらく、根まで処理するのは中々難しいのですが、熱湯をたっぷりかければ、根まで取り除くことができます。

 

デメリットは火傷の危険

この方法を実施するにあたって、一番に気をつけなければならないことは、火傷です。家庭でお湯を沸かすには、鍋やポット、ヤカンなどを使うことが多いと思いますが、それらをキッチンから庭へ運んで、雑草にかけるというのは思っている以上に危険がともないます。

 

キャンプ用ケトルなどを使用すれば、庭でもお湯を沸かすことが可能です。コンパクトなものからヤカン型などさまざまなタイプもあるので、容量の大きいものを選べばもっと効率的に作業ができそうですね。庭で火が使えるかどうか、確認してから実践しましょう。

 

避けたいのは【塩】で枯らすという方法

避けたいのは【塩】で枯らすという方法

除草対策には庭に塩水をまくという方法もあります。やり方もとても簡単で、大量の塩を用意するだけです。基本的には塩をそのまま散布するのではなく、水に溶かしてまくと、より効果があるといわれています。効果も高く、塩分濃度が高いほど雑草がすぐに枯れます。

 

しかし、この方法は周囲にも多大な被害が及ぼすことも考えられます。塩で雑草を枯らすことで、どんな被害の可能性があるのでしょうか。

 

塩で雑草を枯らすのは人体やペットには安全!

まいた塩は土の中に残るため、新しく生えてくる草にも効果があり、草が生えてくることを強力に抑えてくれます。また、塩は人体に及ぼす影響もなく、大きな手間もかからず、簡単に手に入れることができることから、このやり方を実践する方は非常に多いです。

 

塩害による庭へのダメージ

塩は土の中で分解されないため、半永久的に効果が持つといわれています。反面、一度塩をまいてしまった場所は、植木や花を植えることができなくなってしまいます。また、野菜や穀物などの作物も一切育ちません。

 

土の中で塩は分解されないといいましたが、雨水などによって分解されずにそのまま流れ出てしまう可能性もあります。流れ出てしまうと、近くの畑に多大な被害、地下水や川にも深刻な影響を及ぼす可能性もあります。

 

そのほかにも、塩化ナトリウムはコンクリートやアスファルトを傷つけてしまう性質もあり、住宅の庭の基礎に被害をあたえる可能性もあるでしょう。使用の際は要注意です。

 

人気の【重曹】…安全性は高いが効果のほどは?

重曹は「炭酸水素ナトリウム」ともいわれており、優れた殺菌効果を持っています。農業の場でも殺菌剤として使用されることも多いです。近年では、美容や脱臭剤など幅広く使われています。

 

重曹で雑草を枯らす手順

やり方はとても簡単です。まず重曹を水に溶かし、ジョウロなどを使用して雑草にまんべんなくかけます。それを数日間繰り返していくだけです。また、雑草が傷ついていると、重曹がより早く吸収されるため、鎌などで最初に傷をつけるのもいいでしょう。

 

ほんとに枯れる?実際の効果は……

重曹をまく作業を数日間繰り返していくことで、ある程度の除草効果は得られます。しかし、完全に枯らすことはできないようです。雑草の種類により、重曹が浸透しやすいものと、しにくいものがあるのではないかと考えられています。

 

また実施して3日ぐらいだと、まだまだ根元の部分に緑色の部分があり、枯れているというには難しいので、数日間かけて根気よくおこなうことが重要でしょう。

 

他に雑草を枯らす効率のよい方法はない?

わたしたちでも簡単に手に入れることができる、熱湯、塩、重曹を活用した除草方法をご紹介してきました。ではほかにできる方法はないのでしょうか。

 

除草剤をうまく使う

他に雑草を枯らす効率のよい方法はない?

簡単に効率よく雑草対策をしたいのであれば、除草剤はいちばん効果があるといえます。
気になる場所にまくだけなので、作業もとても簡単におこなうことができるでしょう。

 

除草剤にはすべての植物を枯らしてしまう非選択性除草剤と、対象となる雑草のみを枯らすことができる選択性除草剤があるので、広い庭、庭の菜園など場所によって使い分けることも可能です。

 

また、除草剤は人体への害が心配である人も多くいると思いますが、最近販売されている商品の中には人体に害がないものもあります。とはいえ、子供やペットが近くにいる場合は、使用しないほうがよいかもしれませんね。

 

防草シート、砂利、固まる土を利用

防草シートは、一度敷くことにより長期間雑草処理の作業をしなくてもよいことから、草取りの回数を減らしたい、完璧に雑草対策をしたい方にとてもオススメです。

 

雑草を生えさせたくないところに敷いて、風などに飛ばされないように固定するだけで簡単に雑草対策をすることができるのが防草シートです。

 

除草剤をまくことができない場所、草刈りをするにも範囲が広くすぐには刈ることができないような場所にも、使用することができます。また、耐久年数は5年ほどといわれています。目安としてお考えください。

 

砂利を敷く方法

砂利を敷くことにより、雑草に光が当たるのを防ぎます。こうすることで雑草の成長を止めることができるのです。砂利を厚めに敷くことによって、効果も高くなるといわれています。しかし、雨が降ると砂利の下の土が雨で叩かれて、浮いてくることもあるそうです。

 

難易度はあがるが水で固まる土を使う方法も

見た目がよく、自然な印象のまま雑草対策が可能な「水で固まる土」というのもあります。これは土に水をかけるだけで固まる、コンクリートなようなものです。雑草対策として一度施工すればとても効果が高いそうです。しかし、実際には素人がきれいに仕上げることは困難といわれているようです。

 

業者に根こそぎ除草してもらう

「忙しくて時間をつくることができない」、「広範囲すぎて自分でできない」、「健康上の理由で自分で除草することが難しい」そんな人も多いのではないでしょうか?

 

そんな悩みを解決してくれるのが業者です。あらゆる環境にあった除草対策ももちろん可能であり、機械を使って除草するので広範囲でもスムーズに除草をおこなってくれるでしょう。希望に応じて、除草剤をまくことや、発生の予防をすることも可能になります。

 

もちろん自分で除草することよりも、料金は高くついてしまいますが「早く」、「きれいに」仕上げてもらえるので、その点をデメリットと感じる方は少ないようです。少しでも自分でやることが困難に感じたり、不安を持った方は業者に相談してみましょう。

 

まとめ

自分で雑草を枯らす方法にもたくさんの選択肢があるので、自分の環境に合った方法でぜひ実践してみてはいかがでしょうか。それぞれのメリット、デメリットを理解した上でおこなうことにより、効率よく除草作業を取り組むことが可能になるでしょう。

 

しかし、中には周囲に大きな被害を与えることにもなりかねません。除草をおこなうことで及ぼしてしまう影響も十分に理解したいですね。

 

また、市販されている除草剤も、環境や人体に負担の少ない除草剤をうまく使うことができれば、効率的に雑草対策をすることが可能です。防草シートのように、長期間にわたって雑草対策できるグッズもあるので、ぜひ活用してみてください。

 

もちろん業者であれば、あらゆる環境に適した方法で対応してくれるので、一度相談してみるのもいいかもしれませんね。雑草がたくさん生えて大変なことに……、なんてなる前に、早めの相談がオススメです。見た目がきれいな庭を、取り戻していきましょう。

  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業