雑草を枯らす方法メジャーな3つを検証!低リスクで効率がよいのは?

雑草を枯らす方法メジャーな3つを検証!低リスクで効率がよいのは?

「雑草を枯らせばもう生えてこないの!?」

もし本当ならとても有効的な雑草対策になりますね。雑草対策・駆除をするとき、できるだけラクに、効果のある方法で済ませたいものです。

雑草を枯らすことで、これからの雑草対策が簡単になるのならぜひ試してみたい方法です。

ここではお庭や駐車場の雑草を枯らすための具体的な方法と、その効果について解説していきます。

熱湯、塩、重曹、除草剤、防草シート……雑草の成長を止め、枯らす方法はいろいろあります。果たしてどれが効くのでしょうか?

では一緒にみていきましょう!

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

 

雑草を枯らすのに有効かつ土への害がないのは【熱湯】

誰にでもすぐ用意ができる「熱湯」。用意のしやすさに加え、ただの水道水なので、薬剤を使うことと比べてまわりへの害はなく使い勝手はよいでしょう。土への影響も心配ありません。

熱湯で雑草は枯らすことはできます。しかし注意も必要なので、以下を読んでじゅうぶん気をつけて使用してください。

熱で完全に雑草を枯らすことは可能なのか?

熱湯をかけるということは、ホウレンソウを湯通ししているような感覚です。

熱で組織を破壊するので枯らすことはできますが、完全に枯らすことは難しいです。熱湯で枯れるのは、雑草の表面のみ。地下の根や茎まで熱湯が到達するのは、無理でしょう。

できるだけ沸騰に近い温度(70度以上)のお湯を雑草にかけても、そのままの温度を保ちながら土の中を染み渡らせ、根や茎にたどり着くのは不可能です。染み渡るあいだに温度は下がってしまいます。

そのため熱湯で枯らすことができるのは、地上にでている葉や茎のみということになります。

熱湯で雑草を枯らすメリット

なんといっても準備が簡単なことです。

ヤカンやケトル、鍋でお湯を沸かすだけでできるため雑草駆除にかかる費用も光熱費くらいでしょう。

準備も簡単ですが、駆除するにも手軽にできます。雑草にまんべんなくお湯をかけていくだけなので、忙しい方でもやりやすい方法です。

さきほど「熱湯では根まで枯らせない」とお伝えしましたが、駐車場などのアスファルトやコンクリートのひび割れた場所であれば、根までお湯が染み渡りやすいので枯らすこともできそうです。

デメリットは火傷の危険

熱湯であることから、火傷にはじゅうぶんに注意してください。キッチンでお湯を沸かし庭まで運ぶとき、お湯をこぼして足に当たれば水膨れなったり、跡が残るほどの火傷になったりするかもしれません。

また雑草対策したい場所が広範囲であれば、大きな鍋などの容器が必要となったり、お湯を運ぶ回数も増えたりするでしょう。

温度が高ければ高いほど、雑草対策・駆除としての効果もあがりますが、そのぶん火傷やケガをする恐れも高まります。

熱湯の取り扱いには、気をつけましょう。

避けたいのは【塩】で枯らすという方法

避けたいのは【塩】で枯らすという方法

塩で雑草を枯らすことはできるの?

「塩で雑草が枯れる」と聞いたことがあるかもしれません。結論からいうと、枯れます。しかし安易に塩を使うのはやめたほうがよいでしょう。

使うときは、塩が与えるダメージについてよく知っておかないと後々後悔するかもしれません。

まずは塩による除草のメリットについて知り、その後にデメリットについても確認していきましょう。

塩で雑草を枯らすのは人体やペットには安全!

天然の成分なので、万が一口に入っても安心です。小さなお子様やペットを飼っているご家庭では、除草剤よりも不安が少ないでしょう。

また、塩であればどこの家にも置いてある確率は高いです。100均でも売っているので、安価で手に入るところもうれしいポイントです。
塩をそのまま直接撒いても、水で溶かして「塩水」として散布しても雑草対策としては非常に効果が期待できます。

しかし効果が高いからといって、庭に塩を散布すると大変な目にあうかもしれません。塩によるデメリットを次で解説いたします。

塩害による庭へのダメージは?

「庭に塩をかけて雑草対策をしたら1年経っても何も生えてこない!」といった話もあります。実際は、効果はもっと続きそうです。

その理由は、塩は土壌分解されないため、ずっと残るからです。雨が降って、土ごと流されればその土はまっさらな状態になるかもしれませんが、流れるということ自体が危険なことなのです。

流れた塩がまわりの田畑に移れば、その農作物は枯れてしまいます。家屋に流れれば塩の成分で酸化し腐食が進みます。駐車場のアスファルトやコンクリートにももちろん影響が出ます。

また、塩で何も植物が育たないような土地は資産価値が下がります。もし土地の売却をする日がきたとき、マイナス評価で価格が低く設定される可能性があることを覚えておいてください。

雑草に塩をかけるのは「漬物」のようなイメージです。水分が抜けてシナシナになるので枯れますが、その効果は高すぎるゆえ悪影響も大きいです。塩で雑草を枯らすときは、まわりの状況や今後の未来についてよく考えてからにしてください。

人気の【重曹】…安全性は高いが効果のほどは?

食品、医薬品と幅広く活用できる重曹も、雑草対策で使うことができます。毒性がないこと、もし余っても掃除など違う用途で使用できるので、試してみるのもよいかもしれません。

安価で安全に雑草対策をしたい方にはおすすめです。

では重曹でどのように雑草対策ができるのか、効果はあるのかを確認していきましょう。

重曹で雑草を枯らす手順

重曹は浸透率が悪いので、粉のまま使わず水で薄めてから使います。水で溶かし濃度を5-10%にして、ジョウロや霧吹きに入れましょう。

浸透力を上げるために葉や茎を傷つけ、しっかりと吹きかけます。殺菌効果もある重曹は、農業の方も使うことがあります。(※葉や茎を傷つけると、そこから重曹成分が中に入り込み、浸透しやすくなります)

しかし一般家庭で雑草対策の効果を出そうと思うと、大変かもしれません。上記で「葉や茎に傷をつける」といいましたが、雑草のひとつひとつに傷をつけるのは細かい作業です。

同じく食品物の雑草対策として「酢」があります。こちらは酢と洗剤を水に溶かして雑草を枯らします。(※洗剤は雑草に酢をつけやすくするためです)

ホームセンターなどで雑草駆除剤用の「酢」もあるので、興味がある方は調べてみるとよいでしょう。

手軽に雑草対策をしたい方には不向きですが、安全面を重視する方はよい対策法のひとつですね。

ほんとに枯れる?実際の効果は……

数日間繰り返し、重曹を撒くことで効果はあらわれやすいです。しかし即効性や、確実性を求めると重曹では物足りなく感じるでしょう。

「重曹で枯れるか?枯れないか?」という質問の答えは、「根気よく続けていけば雑草の種類によっては枯れるものもある」です。

根強い雑草の根絶を目指すのなら、次にご紹介する除草剤が一番効果を期待できます。

他に雑草を枯らす効率のよい方法はない?

これまでにご紹介してきた、熱湯・塩・重曹は安価で気軽に手に入りやすく毒性がないため安心して使える素材でした。

しかし雑草対策という点でみると効果のほうはケースバイケースのため、「いますぐ」「確実に」という方には向いていないかもしれません。

ここからご紹介する雑草を枯らすためのグッズは、費用はかかりますが効果が期待できるものばかりです。

お庭の雑草に困っている方は、参考にしてみてください。

除草剤をうまく使う

除草剤をうまく使う

雑草対策でもっとも効果が期待できる方法は「除草剤」です。必要な場所へ散布するだけなので、初心者の方でも簡単にできるでしょう。

除草剤には種類があります。大きく分けると「粒剤(土壌処理型)」と「液剤(葉茎処理型)」です。それぞれ特徴があるので、ご自分にあった除草剤を選ぶ必要があります。

たとえば、広い範囲で除草効果を長続きさせたい、予防対策をしたいときは粒剤を。いますぐ除草をしたい、あとから植物を植えたい方は液剤を選ぶとよいでしょう。

そのほか、芝生用の除草剤や、特定の雑草の種類にのみ効果を発揮する薬剤もあるので除草剤を使用するときは、どこにどんな目的で使用するのかを決めてから散布してください。

防草シート、砂利、固まる土を利用

【防草シート】

防草シートは敷く手間はかかりますが、効果が高いため雑草対策として人気です。こちらも除草剤と同じく種類が豊富なので、購入するときはしっかり選びましょう。

おもに、不織布と織布の2種に分類されます。値段は高めですが、除草効果が高いのは不織布。反対に、強度はないもののコストパフォーマンスに優れているのは織布です。

どちらがよいかは、敷く場所や状況で変わりますがどちらにも共通するのが、「敷き方」です。防草シートというのは、敷き方が悪いとせっかくの高い効果が発揮できません。

敷く前に草むしりをしたり、固定ピンでとめて風であおられないようにしたりなどして、耐久性を伸ばすことが大切です。

【砂利を敷く方法】

砂利を敷くことにより、雑草に光が当たるのを防ぎます。こうすることで雑草の成長を止めることができるのです。砂利を厚めに敷くことによって、効果も高くなるといわれています。しかし、雨が降ると砂利の下の土が雨で叩かれて、浮いてくることもあるそうです。

【難易度はあがるが水で固まる土を使う方法も】

見た目がよく、自然な印象のまま雑草対策が可能な「水で固まる土」というのもあります。これは土に水をかけるだけで固まる、コンクリートなようなものです。雑草対策として一度施工すればとても効果が高いそうです。しかし、実際には素人がきれいに仕上げることは困難といわれているようです。

業者に根こそぎ除草してもらう

「忙しくて時間をつくることができない」、「広範囲すぎて自分でできない」、「健康上の理由で自分で除草することが難しい」そんな人も多いのではないでしょうか?

そんな悩みを解決してくれるのが業者です。あらゆる環境にあった除草対策ももちろん可能であり、機械を使って除草するので広範囲でもスムーズに除草をおこなってくれるでしょう。希望に応じて、除草剤をまくことや、発生の予防をすることも可能になります。

もちろん自分で除草することよりも、料金は高くついてしまいますが「早く」、「きれいに」仕上げてもらえるので、その点をデメリットと感じる方は少ないようです。少しでも自分でやることが困難に感じたり、不安を持った方は業者に相談してみましょう。

まとめ

自分で雑草を枯らす方法にもたくさんの選択肢があるので、自分の環境に合った方法でぜひ実践してみてはいかがでしょうか。それぞれのメリット、デメリットを理解した上でおこなうことにより、効率よく除草作業を取り組むことが可能になるでしょう。

しかし、中には周囲に大きな被害を与えることにもなりかねません。除草をおこなうことで及ぼしてしまう影響も十分に理解したいですね。

また、市販されている除草剤も、環境や人体に負担の少ない除草剤をうまく使うことができれば、効率的に雑草対策をすることが可能です。防草シートのように、長期間にわたって雑草対策できるグッズもあるので、ぜひ活用してみてください。

もちろん業者であれば、あらゆる環境に適した方法で対応してくれるので、一度相談してみるのもいいかもしれませんね。雑草がたくさん生えて大変なことに……、なんてなる前に、早めの相談がオススメです。見た目がきれいな庭を、取り戻していきましょう。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業