ドクダミの駆除に有効な3つの方法!根からしっかり除草するコツ

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
草刈りのご依頼は、草刈り110番までお電話ください
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ドクダミの特徴にあった駆除方法とは?

雑草を駆除するにあたっては、ただ地面に生えている葉をむしり取るだけでは不十分な場合があります。ドクダミに関しても同じことがいえます。ドクダミ駆除にはドクダミの特徴を知ったうえでの対処が必要なのです。

それではまず、ドクダミの特徴をつかむために、駆除が難しい理由を探っていきましょう。また、ドクダミ駆除に適した時期や、駆除の際のポイントにも触れていきます。本当に効果のある駆除方法で、厄介なドクダミをさっぱりと駆除しましょう。

ドクダミの駆除は難しい

ドクダミの特徴にあった駆除方法とは?

ドクダミは生命力の強い植物なため、一般的には駆除が難しいといわれています。なぜ難しいかというと、なんど駆除してもまた生えてきてしまうというしぶとさがあります。このしぶとさの原因は、葉をむしっても残ってしまう地下茎です。

ドクダミは地面にへばりつくようにして葉を伸ばして成長しますが、この葉の下の地中には地下茎が広く張り巡らされています。この地下茎まで取り除かない限り、ドクダミを完全に駆除することは難しいのです。なぜならドクダミは種では発芽せず、この地下茎で繁殖するからです。

しかし、もじゃもじゃに入り組んだ地下茎は手で引っ張ると折れてしまい、先が残ってしまうので手でむしることは困難となっています。絡み合った地下茎は残ってしまうことがあるので、これがドクダミ駆除の難しさの原因となっています。

ドクダミの駆除は花が咲く前に!

ドクダミが花を咲かせるのは5月から7月です。花は白くきれいですが、この花を咲かせる時期には繁殖力が強くなります。繁殖を食い止めるためにも、これより前の時期で対処しましょう。

花が咲く前に駆除をすることで、繁殖力が旺盛になりドクダミだらけになる事態を防ぎましょう。5月から花が咲くことを考えると、5月までには駆除を終えておきたいです。

ドクダミを駆除するなら「根っこ」を狙おう!

ドクダミは根で増える種類です。厄介に絡み合った根っこでどんどん増えていくのです。しかしこの事実の裏を返せば、この根っこを狙うことで効果的な駆除ができます。

ドクダミを駆除する際は、地面の上にある葉ばかりに注目するのではなく、根っこである地下茎を重点的に狙いましょう。葉は見えるところにしかありませんが、地下茎は見えないところまで広がっていることがありますので、実際に土を掘ってみる必要があります。駆除の手順は次の章で詳しく説明しています。

ドクダミを手っ取り早く駆除するなら?

ドクダミを十分に駆除できたかどうかは、駆除してから数か月から1年間経ってからでないとわかりません。駆除したのに、しばらくしてまた生えてきたら残念ですよね。より確実性が高く、かつスピーディーなドクダミ駆除が必要であれば、業者に依頼するという手があります。

業者探しは草刈り110番をご利用ください。多数の加盟店の中から、お近くで対応できる業者をご紹介いたします。

草刈りのご依頼は、草刈り110番までお電話ください
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ドクダミ駆除に有効な方法【3選】

自力でできるドクダミ駆除には複数の方法がありますが、どれが本当に効果的なのか疑問をもつ方もいらっしゃるでしょう。どの方法が本当に効果的なのかを説明していきます。手で取り除く以外の解決方法を実践しましょう。

【1】除草剤を使用する

ドクダミ駆除に有効な方法【3選】

自分でドクダミを駆除する際には、除草剤を利用することが一番効果的であるといえます。除草剤でおすすめするのが、グリホサート剤という散布型の薬剤を使用したものです。このような薬剤は園芸用品店やネット通販で購入することができます。

・除草剤のメリットとデメリット
除草剤をドクダミの葉に散布することで、そこから浸透した薬剤が根まで届き、全体を枯らすことができます。グリホサート剤であれば、散布した植物のみに効くので、ほかの植物に影響が少なく庭にも優しいです。デメリットとしては、使用する際に自分が吸引したり、手で触れてしまわないように注意したりする必要があります。

・除草剤の使用方法
散布するときは農薬散布用のマスクと、噴霧器と防水手袋を使います。除草剤は顔の皮膚についてしまうと荒れてしまうおそれのある薬剤のため、顔を守るために通常のマスクではなく、しっかりと農薬散布用のものを使いましょう。

具体的な薬剤散布の方法としてはマスクと手袋をした状態で噴射器を使い散布します。薬剤の薄めかたや詳しい使いかたなどは、それぞれの取り扱い説明に従ってください。

【2】重曹を使用する

重曹を利用すれば、ドクダミを枯らすことができます。こちらの方法で用意するものは、茎に切れ込みを作ることができるハサミやカマなどの道具と重曹、そして霧吹きだけです。重曹は料理にも使われるほど身近なものですし、ほかの道具も準備が揃えるのが簡単なものなので、手軽におこなうことができる駆除方法になります。

・重曹駆除の方法
重曹は塩基性のため、植物内部の成分バランスを崩すことで、細胞を壊死させることができます。また葉を乾燥させる効果もあるので、植物を内部から枯らせるときに効果的です。

重曹の使い方は、水100グラムに対して、重曹を8グラム混ぜた水溶液を作ります。そして、ドクダミの茎や葉に傷をつけ、そこに塗り込むようにこの水溶液をつけましょう。

広範囲の場合は、ドクダミにまんべんなくカマで切り込みを入れたあと霧吹きを使って重曹を吹きかけるとよいでしょう。天然の材料でできる対策なので、体への害はほとんどありません。庭で遊ぶお子様がいたり、ペットを飼ったりしている家庭などではこの方法が適しています。

・メリットとデメリット
メリットとしては、作業自体の安全さがあげられます。重曹は誰でも手に入れられる身近な道具で、薬剤と違って皮膚にあたっても問題ありません。デメリットとしては、ドクダミをカマで傷をつける作業が十分でないとドクダミがまた生えてきてしまうことがある点です。何度も根気強くおこなう必要があるでしょう。

【3】防草シートを使用する

防草シートは土を覆い、日光を遮断して草が生えるのを防ぐものです。この方法は雑草が生えることを予防するためのものですが、ドクダミの場合は一度地上の草を刈り取り、その上にシートをかけることで次の成長を防げます。

・防草シートの敷き方
まず地面にある雑草を一度刈り取ります。そして防草シートを敷き、敷いたシートの四隅や各辺を専用のピンなどで地面と固定します。シートがむき出しのままでは景観が美しくないと思われる場合は、シートの上に砂利やウッドチップを敷くことで、違和感のない自然な庭にすることが可能です。

・防草シートのメリットとデメリット
防草シートを敷くメリットは、敷くだけで庭の見栄えを整えることができ、雑草が生えてくるのを防げるため庭の手入れを簡略化できます。デメリットとしては、庭の地面を塞ぐことになるため、シートを敷いた場所は地植えの園芸に使用できなくなってしまうことがあります。

塩・熱湯・ミントをオススメしない理由

ドクダミの駆除方法としてよくあげられる対処法に、塩や熱湯・ミントを利用するものがあります。これらの方法でも効果はありますが、デメリットが大きいためおすすめすることができません。それぞれどのようなデメリットがあるのか、ご紹介します。

・塩での除草のデメリット
土に塩を混ぜると、植物が根から水分を吸えなくなり除草することができます。この方法はドクダミに有効ですが、ほかの植物も枯らしてしまうことが欠点です。塩はしばらく地面に残るので、この方法を使って除草した部分の土は、しばらくほかの園芸や菜園などの目的での使用ができなくなります。

・熱湯での除草のデメリット
熱湯を使う除草は、粘り強く何回にもわたっておこなう必要があることが欠点です。熱湯は、その高温で地表にいる菌を殺すことができます。草はその菌を栄養として育つため、菌を殺すことで実質的に草を枯らす効果があります。

しかし、ドクダミのように生命力の強い植物に対しておこなうときは、効果を確認しながら何度もおこなうことになります。毎回、庭の広い面積をカバーできるほどの熱湯を沸かす必要があるのも、デメリットといえるでしょう。

・ミントでの除草のデメリット
繁殖力の強いミントをドクダミが生えそうなところに先に植えてしまい、ドクダミの生える隙間をなくす方法です。この方法は確かに効果がありますが、実はミント自体も庭を悩ませる雑草の一種です。庭に一度ミントが根付いてしまうと、根絶することはほとんどできないというほどの繁殖力をもっています。

ミントは大切に育てている植物の領域まで奪ってしまうことがあります。隣の庭にまで侵入していくことがあるため、植えるときは慎重に考えてからにしましょう。

ドクダミ駆除が難しいと感じたら?

ドクダミ駆除は案外奥が深いことがお分かりいただけたと思います。自分でやろうと考えた際、一番手っ取り早いのは除草剤を使用する方法です。しかしながら、除草剤を散布するには噴霧器や農薬散布用のマスクなどの「設備投資」が必要で、少し気が引けるという気持ちもわかります。

ドクダミの駆除が難しそうであれば、業者に依頼することで楽に済ませることができます。スピーディーな対応で適切な処置をしてもらえば、長い間抱いていた悩みごともすぐに解決することでしょう。業者選びの際は、草刈り110番がお近くの加盟店をご紹介いたします。ぜひ一度、ご相談ください。

草刈りのご依頼は、草刈り110番までお電話ください
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

業者に依頼するメリットと選び方

業者に依頼することをおすすめしてきましたが、業者に頼む際は自分に合った業者を見つける必要があります。そこでここからは業者に依頼するメリットと、選ぶ際のポイントを解説します。

業者に依頼するメリット

業者に依頼するメリット

業者に依頼すると、場合によっては自分でやるよりもお得に済むことがあるというのが、一番のメリットです。料金はこのあとに紹介しますが、「草刈り」に含まれるドクダミ駆除の業務は、1坪当たりの値段を設定している業者が多いです。狭い範囲であれば、薬剤や噴霧器などの道具を買いそろえるよりも安く済むことがあるのです。

また、値段は見積りをしてもらうことで事前に知ることができます。見積りまでが無料でできる業者もあるため、このような業者を選んでいくことでお得に済ませることもできるのです。

どんな業者に依頼するとよい?

業者選びの基準は、作業終了までのスピードや値段など人によりさまざまです。しかし、どんな方でも共通して求めるポイントは、値段とサービスの内容、そしてこちらの予定に合わせて作業できるかという点だと思います。

値段は、相場に合った業者を選びましょう。安すぎず高すぎない適正価格の業者ならば、ドクダミ駆除に必要なサービスは受けることができます。

サービスの内容については、作業後の刈った雑草の処分や出張費などの計算方法を確認しておくとよいです。また、いくら丁寧な作業をしても今後ドクダミが必ず発生しないとは言い切れないため、アフターフォローのある業者を選ぶことも大切です。

草刈り作業は業者が出動し、現場の確認をしてから作業を終了するまで数時間を要するので、依頼者側の予定に合わせてくれる業者のほうが便利です。繁忙期だと予定が合わずに数週間後になってしまうというケースも考えられますので、こちらの予定に合わせられる業者を選びましょう。

依頼の際には見積りを忘れずに!

次に紹介する相場との比較をするためにも、業者に依頼するときは見積りを先に取りましょう。見積りを無料で出してくれる業者であれば、料金の内訳を確認し、怪しい点がないかを判断することができます。また、複数の業者から見積りを取れば、費用を比較して安いところを選ぶことも可能です。見積りは忘れずにおこないましょう。

草刈り業者の費用相場

相場は、見積りを受けたときにそれが適切な価格かどうかを判断するうえで、基準となります。ドクダミを駆除する場合は草刈り業務を扱っている業者に依頼することになります。下記が草刈りの相場ですので、参考にしてください。

草刈りは「坪(1.8メートル四方)」当たりいくらという形で、坪単位の値段になります。相場は坪当たり1,000円~2,000円です。ただし地域によっても差が出ることはあり、またこの坪当たりの作業費に加えて交通費などが加算されることもあります。だからこそ見積りは必ずおこなうようにしてください。

まずは電話で相談してみよう!

業者選びは複数の中から最適なものを選ぶやり方が一番です。しかし、業者一軒一軒をインターネットで調べていると時間がかかってしまい、面倒な作業となってしまいます。そこで弊社(草刈り110番)にお電話いただければ、業者選びを強力にサポートすることができます。

草刈り110番では、草刈りに対応できる加盟業者を派遣しております。24時間対応のフリーダイアルにご連絡いただければ、お客様のご相談内容に合ったお近くの業者を手配いたします。ドクダミの駆除でお悩みの方は、ぜひ一度、ご連絡ください。お待ちしております。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業