荒れた庭の手入れ方法を紹介|コツを知って早くきれいな庭に戻そう!

手入れの行き届いた庭は、見ているだけで気持ちのよいものです。しかし、草木の手入れや草取りなどを怠ると、庭は少しずつ荒れていきます。

キレイな庭を保つためには、定期的に正しいお手入れをする必要があります。せっかく自宅に庭があるなら、ずっとキレイな庭を見ていたいですよね。本コラムでは、自分でできる雑草処理や枝の剪定の方法をご紹介いたします。

また、自分で庭の手入れをすることが難しいときは、お庭の管理に詳しいプロの業者に依頼するという方法もあります。業者に依頼した際の費用や業者選びのコツもあわせてお伝えいたします。業者に依頼するときは、ぜひ参考にしてください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

荒れた庭の手入れ方法

自宅の庭がきれいに整えられていると、見ていて気分がよくなりますよね。しかし、きれいな庭を維持するためには、定期的なお手入れが欠かせません。少しでもお手入れをおろそかにしてしまうと、どんどん庭は荒れていってしまいます。

枯れ葉や折れた枝など、庭が荒れてしまう要因はさまざまあります。中でも、雑草は繁殖力が強く、庭が荒れてしまう大きな要因となってしまいがちです。

なんとか自分で荒れた庭の手入れをしようと思っても、なにをすればよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自分で荒れた庭の手入れをおこなうために必要な雑草処理や枝の剪定方法、手入れの際に注意する点などをご紹介します。きれいな庭を維持するための秘訣も紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

準備するもの

準備するもの

自分で荒れた庭の手入れをおこなうにあたって、事前に準備しておくものがいくつかあります。雑草処理と枝の剪定をおこなうためには以下のようなものが必要なものです。

  • ゴム手袋
  • ゴミ袋
  • 枝切りはさみ
  • 長袖シャツ
  • ほうき
  • ちりとり

手袋は軍手でも構いませんが、ゴム手袋があればそちらを使用しましょう。ゴム手袋は、濡れた草を処理する際に軍手よりも作業をおこないやすく、毛虫などの害虫対策としても役立ちます。

長袖シャツは葉や枝が直接肌に触れて、肌がかぶれるのを防ぐために必要です。鎌は雑草を根元から掻き取るのに必要なものなので、小さいサイズで問題ありません。

【手入れ1】雑草処理

雑草処理は、できるだけ雑草の目立つところから作業を始めるのがおすすめです。目立つところから始めることで、庭がきれいになっていく様子がわかりやすく、単純作業になりがちな雑草処理のモチベーションを保つきっかけになります。

また、雑草処理をおこなうのであれば、雨が降った翌日がおすすめです。

雨が降った翌日は、地面が水を含んで柔らかくなっているため、雑草処理がしやすくなります。雑草処理の方法は、基本的に雑草を根から抜き取るようにしてください。

雑草は繁殖力が強いため、根から抜いておくことで繁殖力を弱めることができます。根から抜き取るのが難しい場合は、鎌を使って表面の土から掻き取って処理しましょう。

雑草処理で引き抜いた雑草は、一度そのまま放置しておいて、作業がすべて終わった後にホウキでまとめて掻き集めると時間短縮ができます。

【手入れ2】枝の剪定

手入れをおこなわず伸びきってしまった枝は、隣の家や道路などにはみ出してしまうこともあります。そうなると他人の迷惑になってしまうおそれがあるので、適度な長さに切って整えなくてはなりません。

基本的に枝の剪定は、枝切りはさみを使っておこないます。庭木全体のバランスを確認しながら、伸びすぎている枝や不要な枝を、枝切りはさみで整えてください。

枝切りはさみは刃物であるため、ケガをしないように慎重に扱いましょう。また、切りたい枝の位置が高所にある場合は、必ず無理なく作業が可能な範囲に留めておいてください。

無理をして高所で枝の剪定をおこなってしまうと、バランスを崩して高所からの落下や、枝切りはさみでケガをするおそれがあります。

注意すること

雑草処理や枝の剪定をおこなうにあたって、いくつか注意しておかなければいけないことがあります。

まず、1つ目の注意点が、処理した雑草と枝の片付けです。手入れの際に出た雑草と枝は、そのまま放置するのではなく、ちりとりとほうきを使ってまとめておきましょう。

まとめた雑草と枝が乾燥していることが確認できたら、それぞれを分けてゴミ袋に入れて、可燃ゴミとして捨てるようにしてください。

2つ目の注意点が、軽装で作業をおこなわないということです。荒れた庭の手入れをおこなう際は、長袖のシャツと軍手を着用して肌を露出させないようにしてください。

肌を露出させたまま作業をおこなってしまうと、雑草や枝で肌がかぶれてしまったり、ケガをしてしまったりというおそれがあるためです。

最後の注意点が、休憩を挟みながら作業をおこなうということです。基本的に荒れた庭の手入れというのは、雑草処理や枝の剪定といった体力を使う作業が多くなります。

こういった作業を無理して一気に終わらせようとしてしまうと、体調を壊してしまうおそれがあるのです。そのため、荒れた庭の手入れをおこなう際は、適度に休憩を挟みながら焦らず進めていくようにしましょう。

プロなら「安全」「確実」に雑草を処理します

もし、雑草処理や枝の剪定を自分でおこなうことに不安があるという方は、雑草処理のプロに依頼するのがおすすめです。

自分で荒れた庭の手入れをおこなうことも可能ですが、荒れ方によっては膨大な作業量を要したり、作業中にケガをしてしまったりというおそれがあります。

しかし、雑草処理のプロであれば雑草処理から枝の剪定まで、庭の手入れについて豊富な知識と経験をもったスタッフが安全・確実に作業をおこなってくれます。

また、なにかこうしてほしいといった要望があれば、スタッフに相談することで依頼者の要望にあった手入れ方法を提案してもらうこともできるでしょう。

「荒れた庭をどうにかしてきれいにしたいけど、自分で手入れをするのは不安」という方は、ぜひ、雑草処理のプロに依頼してみてはいかがでしょうか。草刈り110番では、あなたのお悩みに沿って適切な業者を紹介することができます。

草刈りのご依頼は、草刈り110番までお電話ください
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

きれいな庭を維持する秘訣

庭は、一旦きれいになったからといって、そのままなにもせず放置してしまうと、数ヶ月後にはもとの荒れた庭へと戻ってしまいます。そうならないようには、きれいな庭を維持するための対策や、定期的なお手入れが必要です。

そこで、以下にきれいな庭を維持する秘訣をいくつかご紹介します。

2つの雑草対策で、きれいなお庭を維持できる

2つの雑草対策で、きれいなお庭を維持できる

きれいな庭を維持するために、雑草対策は欠かせません。庭の雑草対策は、おもに2つの方法があります。

1つ目が、除草剤を使った方法です。雑草は繁殖力が非常に高い植物で、一度処理をしても再び生えてきてしまうことがあります。しかし、除草剤を使えば雑草を根本から枯らせることができるので、しつこく生えてきてしまう雑草にも効果的です。

除草剤には、液体タイプと顆粒タイプの2種類があります。液体タイプは、液体を雑草に直接かけて使用するので、早く効果が表れるという特徴があります。一方で顆粒タイプは、雑草が生えている土に顆粒を撒いて、顆粒が土の中に浸透するのを待ちます。

顆粒が充分に土に浸透すると、雑草の深い根から枯らせることが可能です。顆粒が土に浸透するのを待つ分、液体タイプよりも効果が表れるのが遅くなってしまいますが、しっかりと根本から枯らせることができます。

2つ目が、防草シートを使った方法です。防草シートは、雑草を生やしたくない場所に専用のシートを敷くことで、雑草が生えるのを防ぐ道具です。

除草剤がすでに生えている雑草を枯らせる道具であるのに対して、防草シートは雑草が生えていない場所に予防として使用されます。

また、防草シートと砂利を併用することで、より雑草を生えないようにすることが可能です。防草シートは直射日光を浴びることで、徐々にシートが劣化してしまいます。しかし、防草シートの上に砂利を重ねておくことで、直射日光をある程度防ぐことができます。

ほかにも、防草シートの上に砂利を重ねておくことで砂利が重石の役割をもち、防草シートのズレやめくり防止として有効です。

不要なものを置かないことも重要

きれいな庭を維持するためには、不要なものを置かないということが大切です。手入れをしていないレンガや庭石などを置いたままにしていると、虫の住処として利用されてしまうおそれがあります。

その中には、人間に害を与えるムカデや、植物を食い荒らしてしまうアブラムシなども存在しています。

これらの虫を駆除するためには、殺虫剤を使うことになるかもしれません。しかし殺虫剤は、育てている植物に悪影響となってしまうことがあります。

また、庭に不要なものが置いてあることで、手入れに余計な手間がかかってしまいます。そのため、庭にはできるだけ不要なものを置かないようにしましょう。

定期的な雑草処理はプロにお任せ!

もし、「きれいな庭を維持したいけど、定期的に雑草処理をするのは難しい……。」とお困りの方は、雑草処理のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

雑草処理のプロであれば、生えている雑草の処理はもちろんのこと、きれいな庭を保つための対策や予防もおこなってもらうことができます。

また、雑草処理のプロによっては定期作業に対応している場合もあるので、「1ヶ月ごとに手入れしてほしい!」といった要望にも対応してもらえるでしょう。

雑草処理のプロに定期的に庭の手入れをおこなってもらうことで、非常にきれいな状態で庭を保つことができます。きれいな庭を維持したいという方は、ぜひ草刈り110番に相談してみてください。

草刈りのご依頼は、草刈り110番までお電話ください
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

業者に依頼するときの費用と選び方

では実際に庭の手入れや、雑草処理をしてくれる業者に依頼する場合、どのくらい費用がかかるのでしょうか。気になる方も多いと思います。ここからは、業者に依頼するにあたって必要な費用や、優良業者を見つけるコツなどをご紹介します。

費用はどれくらい?

費用はどれくらい?

庭の手入れや雑草処理を業者に依頼した場合の費用は、業者によって異なっていますが、1平米あたりの基本料金は100円から200円程度が一般的な相場となっています。(※1坪=約3.3平米)

また、業者によっては作業費に加えて、雑草や枝などのゴミ処理費用が別途かかってしまうこともあります。

雑草処理の正しい費用を知りたいときは必ず業者に見積りの依頼をしましょう。基本料金が1平米単位のため、庭が広ければ広いほど基本料金をいかに抑えるかが重要なポイントです。

複数の業者に見積りをしてもらい、比較して納得のいく金額で雑草処理をしてもらいましょう。

優良業者を見つけるコツ

せっかく業者に依頼するのであれば、できるだけ優良業者に依頼したいですよね。庭の手入れや、雑草対策の優良業者を見つけるにはコツがあります。以下にそのコツをいくつかご紹介します。

適正な費用であるか

明らかに費用相場とかけ離れた費用を掲げている業者の場合、サービス内容に満足できなかったり、後から追加で費用を請求されたりするおそれがあります。

一般的に依頼にかかる費用は、人件費や作業に必要な時間、道具などを総合して算出されているので、費用相場と大きく異なることは少ないのです。

そのため、優良業者を見つけるのであれば、費用相場と見比べて適切であると判断できるところを選ぶのがおすすめです。

庭の手入れから雑草予防まで一括しておこなってもらえるか

荒れた庭の手入れには、雑草処理や枝の剪定といった現在起きている問題の解決はもちろんのこと、作業後に雑草が生えないように予防してもらうことが大切です。業者によっては、庭の手入れから雑草予防までを、一括しておこなってもらえることがあります。

同じ業者に一括して依頼することで、しっかりと手入れの段階から状況を理解した状態で雑草予防をおこなってもらうことができます。

日程を合わせてもらえるか

雑草が育ちやすい夏場などは、業者に雑草処理を依頼する方が多く、こちらが希望している日程で作業をおこなってもらえないことが考えられるでしょう。

どれだけサービス内容や費用がよい業者を見つけても、日程を合わせてもらうことができなければ、依頼することはできません。

そのため、こちらの希望している日程にできるだけ合わせてくれる業者であれば、優良業者である可能性が高いといえるでしょう。

荒れた庭は早く手入れしましょう!

荒れた庭の手入れは、自分でどうにかしようと思っても手間と時間がかかってしまい、後回しにしてしまいがちですよね。

しかし、そのまま荒れた庭の手入れをせずに放置してしまうと、手がつけられないほど雑草が生い茂り、害虫まで寄ってきてしまうおそれがあるのです。

そのため、荒れた庭は雑草処理の業者に依頼して、早めに手入れしてもらいましょう。草刈り110番であれば、雑草処理から雑草の予防までを一括して依頼することができます。

また、24時間の電話対応でお客様のご予算や、日程をお聞きしたうえで、最適な雑草処理の業者をご紹介させていただくことが可能です。

「荒れた庭の手入れをして、どうにかきれいな庭にしたい!」という方は、ぜひ、草刈り110番までご連絡ください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業