草刈りの基本道具まとめ| 初めてでも安心!作業に役立つ知識を解説

草刈りの基本道具と作業の準備

スムーズな草刈りをおこなうためには、ふたつのコツがあります。それは草刈りに適した道具を使うことと、作業の準備をしておくことです。

草刈り道具にはいくつかの種類があり、それぞれの特徴があります。また、動きやすくて安全な服装で作業することも、快適な草刈りには欠かせないことです。

そこで今回は草刈りをおこなう際に必要な道具や、草刈りのときに知っておくと便利な知識を紹介していきます。

まずは草刈りに必要な基本道具と、作業前にしておきたい準備について確認していきましょう。

作業に適した服装に着替えよう

作業に適した服装に着替えよう

草刈りをおこなうにはまず、服装が大切です。動きやすい服装でなければ、思うように身体も動かせません。動きやすさや安全の面からも、草刈りにおすすめの服装をご紹介します。

帽子

熱中症の予防とともに日焼け対策にもなる帽子は、外での作業に欠かせません。とくにおすすめなのは、幅広で首元も隠れるタイプの帽子です。首や後頭部にかけて日光を遮ってくれるので、熱中症の予防に適しています。

長靴

長靴には防水機能があって、虫刺されを予防する効果もあります。草むらには、蚊やヒルなどの虫がいることもあるでしょう。足の広範囲を覆ってくれる長靴なら、そういった虫への不安も和らぎます。

軍手

軍手は、作業中の手を保護してくれます。軍手をしていれば尖った葉を触っても怪我をする心配はありません。また草刈り機などの刃物を使う際は、滑り止め付きの軍手がおすすめです。

滑り止めがあれば、重量のある道具もしっかり握って作業ができることでしょう。

長袖長ズボン

長袖は熱中症の高い予防効果が期待できます。長袖を着床することによって肌への直射日光を避けるだけでなく、長袖が肌の汗も吸い取ってくれるためです。

マスク

マスクは砂埃を鼻や口から吸いこむことを防ぎ、健康被害を防いでくれます。マスクを使用する場合は、目を保護するゴーグルとは併用しないよう気をつけしましょう。マスクから漏れる息がゴーグルを曇らせることがあるためです。

保護ゴーグル

保護ゴーグルは、草刈り機での作業中に小石や砂利などが飛んできても、目を保護してくれます。安全な作業を実現してくれるので、使用すればさらに作業がはかどることでしょう。

草刈りの基本道具5つ

服装をチェックしたら、次は道具をそろえましょう。草刈りで使用する基本的な道具は鎌・熊手・くわ・剪定用はさみ・根起こしの5つです。それぞれどんな道具なのか、確認していきましょう。

鎌にはさまざまな種類があり、用途によって選ぶことができます。草の種類や、刃の厚みによって使い方も変わってくるので、合わせて確認していきましょう。

【草の種類で選ぶ】(三日月鎌、木鎌、長柄草刈り鎌、ノコギリ鎌、草削鎌、ねじり鎌)

まずはどんな草を刈るのに適しているかという視点から、6つのタイプの鎌をご紹介します。ご自身が草を刈る場合、どんな特徴や状況の草を刈る必要があるかイメージしながらお読みください。

・三日月鎌
スタンダードなタイプで、あらゆる雑草に使いやすいのが三日月鎌。刃の部分がゆるくカーブしているので、雑草を刈り取りやすいのが特徴です。

・木鎌
草のみならず、小枝などの固いものも刈りたい方におすすめなのが、木鎌です。ほかと比べて少し重みはありますが、その重みとしっかり握れる太い柄で、確実に雑草その他を刈り取れます。作業を一気に進めたいという方に、とくにおすすめのタイプです。

・長柄草刈り鎌
柔らかい草を、立ったまま刈り取りたい方におすすめなのが、長柄草刈り鎌。柄の長さは約20cmから長いもので1m以上のものもあります。「草刈りはしゃがんだ作業で腰に負担がかかるのがちょっと…。」という方におすすめです。

・ノコギリ鎌
ノコギリのような刃が特徴のノコギリ鎌は、一度では刈り取れない繊維が多い草を刈るのに便利です。普通の刃と違ったノコギリ刃は、手入れに手間はかかるものの切れ味は抜群です。確実に草を刈っていきたい方におすすめのタイプといえるでしょう。

・草削鎌
「刈っても刈っても生えてくる雑草を根こそぎ除去したい!」そんな方におすすめなのが、草削鎌です。先が細く尖った刃で、土から根こそぎ草を刈ることができます。こうした草削鎌は、1本1本確実に草を刈りたいという方におすすめのタイプといえるでしょう。

・ねじり鎌
しぶとい根を持つ雑草を土ごと削ぐのが、ねじり鎌。平らな刃を土に当て、まとめて雑草を刈り取ります。刃を地面へ平らに当てて使うので、座った状態やしゃがんだ姿勢での使用に向いています。

【刃の厚みで選ぶ】(薄鎌、中厚鎌)

続いては、刃の厚さに特徴のある2つのタイプの鎌をご紹介します。鎌は、刃の厚さによって切れ味が変わってくるものです。それぞれの特徴をみていきましょう。

・薄鎌
薄鎌は刃が薄く、切れ味が抜群です。鋭い切れ味が特徴なので、柔らかくしなるような雑草でもよく切れます。稲などの繊維の多い草の除去に適しています。

・中厚鎌
薄鎌に比べ重さはあるものの、その分丈夫で永く使用できるのが中厚鎌です。中厚鎌はその刃の厚みによって、ススキなどの硬い草も切ることができるのが特徴です。木の枝まで切るのは困難ですが、太い茎の雑草であればザクザクと刈ることができるでしょう。

熊手

柄の先が熊の手のように分かれている熊手。土の上のものをかき集めるのに適しています。たくさん刈って散らばった草をかき集めるのは、手作業では大変です。そんなとき、熊手を使えば柄も長くしゃがむ必要もなく、簡単に草をかき集めることができます。

くわ(平くわ、唐くわ、備中くわ)

くわは、土ごと掘り返して雑草を根こそぎ除去できます。くわは刃の部分のかたちによって種類をわけることができます。代表的なくわを3つ、メリットと一緒に紹介します。

・平くわ
平くわは刃の部分が長方形で、ある程度長い幅で土を掘り返すことができます。そのため、広範囲での草刈りに適しているといえるでしょう。畑など、比較的柔らかい土壌での使用に向いています。

・唐くわ
刃の部分が厚く、丈夫なのが唐くわです。畑だけでなく、荒地などの硬い土壌でも使えるのがメリットです。そのため硬い土壌に生えている草を刈りたいときに、とくに便利な道具です。

・備中くわ
刃の部分がフォークのようになっているのが、備中くわ。フォーク上の刃の隙間から土が逃げていくのが特徴です。こうした特徴の備中くわは、粘土質などの重たい土壌に生えた草の除去に最適です。

剪定用はさみ

枝を切る目的で作られた、剪定用はさみ。この道具はススキなど硬めの茎を持つ雑草の除去に向いています。太くて鎌では容易に切れない雑草も、剪定用はさみであれば確実に刈ることができます。

根起こし

畑や芝生の中からピンポイントで草を抜き取りたい!そんなときにおすすめなのが、根起こしです。2手に分かれた刃の先に草を挟んで除草します。畑やコンテナに密集した野菜の間の雑草も、これなら簡単に抜き取れます。

作業を助ける便利道具3つ

お次は草刈り作業をサポートしてくれるお役立ち道具を3つ、ご紹介します。使用するメリットを確認し、作業に役立てましょう。

三角ホー

三角ホーの「ホー」とは、くわのこと。つまり、三角形をしたくわのことを三角ホーと呼びます。三角ホーは刃の角の部分を使うか辺の部分を使うかで、2通りの使い方ができるのです。

刃の角を使えば、硬い土に生えた雑草を根こそぎ除去することができます。平らな辺の部分を使えば、草刈り後の土壌をもとの平らな状態に戻すことができます。

草刈り機

草刈り専用の機械、草刈り機なら草刈りが格段にスピーディーに進みます。機械で一気に大量の草を刈ることができます。商品によって刃の材質やハンドルのかたちが異なるので、自分の使いやすいと思ったタイプのものを選びましょう。

ブロア

ブロアとは、草刈り後の草を風で飛ばすドライヤーのような機械です。ブロアは草刈り以外にも洗車後の車の水滴を飛ばしたり、パソコンのホコリを取り除いたりするためにも使えます。

またブロアの中には、ブロアバキュームといって刈り取った草を吸い込むタイプのものもあります。

草刈り作業の基本手順

服装や道具の準備が揃ったら、草刈り作業の準備は万端です。草刈り鎌と草刈り機を使う場合の作業の手順を確認してみましょう。

【草刈り鎌を使う場合】

草刈り鎌をやみくもに振り当てても、雑草は刈れません。草を鎌で刈るには、草の上のほうをつかみます。つかんでピンと張った状態の草の根元に鎌を当てて切るのが、正しい鎌の使い方です。

足元の近くでは使用しないようにしましょう。草に埋もれている自分の足に鎌があたってしまう可能性もあるため危険です。

【草刈り機を使う場合】

草刈り機の使用には、いくつかの準備が必要です。服装・草刈り機の状態チェック・草刈りをする場所確認の3つの準備をおこなって、安全に草刈りができるようにしましょう。

服装でははまず、ゴーグルなどを身につけて安全な服装を整えましょう。その後草刈り機の電源や燃料、刃や肩ひものベルトの状態をチェックして、安全に使用できるか確認をします。

草刈り場所の確認としては、その場の安全を確保します。例えば空き缶やごみなどの障害物があると危険ですので、取り除いておきましょう。また杭などの動かせない障害物がある場合は、あらかじめヒモなどを縛って目印をしておきましょう。

また側溝や花壇のブロックなどが草で隠れている場合は、先にその部分の草だけ草刈り鎌を使って手で刈っておきましょう。

草刈り機での作業に夢中になっていると、見えない側溝に落下する危険があるためです。そうしたケガを防ぐため、草を刈るスペースをよく確認しておきましょう。

「大変」「面倒」「広範囲」3拍子揃った作業はプロにお任せ!

ここまで、草刈りの基本道具と作業の準備について確認してきました。草刈りは、安全な服装で適した道具を使えば比較的簡単にできることと思います。

しかしあまりに雑草の状態がひどいと、草刈り作業は非常に困難な場合があります。雑草の種類や量によっては、「こんなの無理!」と投げ出したくなることもあるでしょう。

草刈り作業は個人でもできるものの、とても大変な労力を必要とするものです。しゃがんで手を使う作業は、長時間になると腰や腕への負担がかかります。

草刈り機も薄着での作業はできないので、例えば炎天下での作業は困難を極めることでしょう。また機械を取り扱う上では集中力も必要とするので、なかなか困難な作業です。

草刈りを自分でおこなうときのこういった大変さを考えると、草刈り作業をプロに依頼するのもひとつの方法です。草刈りのプロである業者なら、安全かつ確実な草刈りが可能です。ご自身での草刈り作業に不安のある方は、業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

知っていると役立つ知識

続いては草刈りのお役立ち情報をお伝えします。草刈りに適した季節・虫の対策・刈った後の雑草の処理方法などを確認していきましょう。

草刈りに適した季節

草刈りに適した季節

草刈りは、おこなう時期によって効果に違いがあります。その理由は、季節によって草の状態が変化するためです。ここからは草刈りにおすすめの3つの季節についてご紹介します。

6~7月

6~7月はそれまで栄養を蓄えていた草が、どんどん伸びてくる時期です。草が伸びきる前のこの時期に刈る、というのがこの時期に草を刈るポイント。なぜなら伸びきった草は量も多い上、草の茎も太いので、その分草刈りが大変になってしまうためです。

9~10月

9から10月は、雨期から夏にかけて勢いよく生えていた雑草の生命力が衰えてくる時期です。このように雑草が弱ったタイミングに草を刈るのが、この時期の草刈りのポイント。

弱っている状態で刈られてしまったら、その後草は再び伸びるのにかなりの時間がかかることでしょう。

11~12月

11~12月は冬の始まりで気温が低くなり、雑草も枯れてくる頃。しかし、雑草には一年草といって1年の間ずっと枯れない種類のものもあります。

また、草の弱ったこの時期は、春に生えてくる雑草の量を減らすチャンスです。冬のうちに雑草を根元から抜いておけば、気温が暖かくなると生えてくる雑草が生えてくるのを防ぐことができるでしょう。

虫・蛇対策も忘れずに!

草刈りのときに気をつけたいのが、虫や蛇による被害です。「夢中で草刈り作業をした後、気づいたら虫刺されだらけだった…」そんな事態は避けたいものですよね。

ここでは、草刈りでとくに注意したいハチ・蛇・蚊について、草刈り中にできる対策を確認してみましょう。

ハチの対策

ハチ避けとして使えるグッズに、蚊取り線香とハッカスプレーがあります。蚊取り線香であっても、ハチは自分たちの生命維持のため、火事を連想する煙や火を怖がり避けます。

またハッカスプレーのスーッと抜けるにおいは、ハチが嫌いなにおいです。ハチの嫌うハッカ成分を服や帽子へスプレーすれば、作業中ハチに遭遇しても、ハチが近寄ってくるのを避けることができるでしょう。

蛇の対策

蛇に対しても、においを使った対策方法があります。蛇が苦手なのは、タバコのヤニの臭いです。方法としては、まずタバコの吸い殻をつけた水を作ります。

そうして作成したヤニの溶けた水を草刈り場所へまくことで、作業中に蛇が寄り付くのを避けることができます。

また、蛇はタバコ以外にも市販の忌避剤でも避けることができます。忌避剤にも蛇の嫌いなにおいの成分が含まれているので、蛇を避ける効果を発揮するのです。服装として長靴が蛇の対策に効果的です。噛まれないためにも、草刈り時の長靴の着用は必ずしましょう。

蚊の対策

蚊の対策は、草刈りスペースと自分の身体への対策との2つの方法があります。草刈りスペースの対策は、害虫駆除用剤をあらかじめ草の生えている場所にスプレーしておきます。そうすることによって一定の時間、虫を寄せ付けないようにすることができます。

また自分の身体への対策としては、虫よけスプレーを体に吹きかけてから作業することで、作業中蚊に刺されるのを防ぐことができます。また蚊取り線香の使用も有効です。

蚊取り線香の場合は作業場所の近くに置いておくこともできますし、ポータブルタイプのものを作業服などに取り付けて使うことも可能です。

抜いた雑草の処理方法

草刈りの後は、雑草の処理が必要です。せっかく抜いた草をそのまま土の上に放置したり地中に埋めたりすると、そこからまた草が根を伸ばしてしまうのです。ここからは抜いた後もしくは刈り取った後の、雑草の処理方法を確認しましょう。

雑草を乾燥させる

雑草を抜いたらまず乾燥させるというのは、効果的な処理方法です。外に置いて日光にさらし、乾燥させます。その際雑草を置くのは、コンクリートなどの雑草が根を張りにくい場所にするとよいでしょう。

まだ生命力のある雑草が、また土に根を伸ばすのを避けるためです。

穴を掘って地面に埋める

地面に埋める際には、必ず乾かした後の雑草を埋めるようにしましょう。これも、まだ息づいている草が地中で根を伸ばすのを避けるためです。抜いた後の雑草を徹底的に乾かすには、なるべく広げて干すのがポイントです。

雑草を含む植物は、すべて土に戻っていくものです。埋めた雑草もいずれ土壌の肥やしとなるので、簡単かつ便利な方法といえるでしょう。

燃えるごみとして処理する

雑草を埋めるためのスペースがない場合や、穴を掘る作業が困難な場合は、燃えるごみとして処分するという方法もあります。多くの自治体では燃えるごみとして回収しているので、普段のごみを出す手順で出せるのも、気軽に実行できてよいですよね。

草刈り作業はプロに任せて負担を減らそう

ここまで、草刈りのときに知っていると便利なお役立ち情報法をお伝えしてきました。草刈りはおこなうのに適した季節があり、抜いた後の雑草の処理にもコツがあります。

しかし、こうしたポイントを押さえていても、やはり草刈りという作業は手間や労力のかかるものです。とくに雑草は暑い時期に伸びるものですから、炎天下での作業には困難がつきまとうことでしょう。

「草刈りで敷地をスッキリさせたいけれど、自分で作業するのはちょっと不安…。」そんなかたは、草刈り作業を業者に依頼する方法もおすすめです。

プロである業者に草刈りをお任せすれば、作業の準備や作業に当たってさまざまな注意を払う必要もありません。ご自身への負担なく安心して作業を任せることができるのは、業者に任せることの最大のメリットともいえるでしょう。

草刈りはプロに依頼しよう!費用内訳・業者選びのコツ

「作業が面倒、安全にできるか心配…。」草刈りにそういった不安をお持ちの方には、業者の利用がおすすめです。草刈りを業者へ依頼したいとき、業者選びで失敗しないためのコツをお伝えします。

【費用】一般的な料金の内訳

【費用】一般的な料金の内訳

草刈り業者の多くでは、作業費用の目安を提示しています。その内訳が料金に見合っているかチェックすることは、信頼できる業者選びには欠かせません。草刈り料金は主に、面積・時間・刈る草の量の3点から算出する業者が多いので、以下で確認していきましょう。

作業する面積

草を刈る場所の面積がどれくらいかで、費用を算出する方法です。1平米からの単位で算出している業者が多いようです。こうした算出方法は、雑草の量が多いとしても少ないとしても面積をもとに算出するので料金は変わらないのが特徴です。

作業時間

基本的に、1時間単位から料金を算出する方法です。この算出方法も時間を基本とするので、面積が広くても狭くても料金はあくまで作業にかかった時間で算出します。

雑草の量が多ければ多いほど作業には時間がかかるものですので、雑草があまりに量が多いが多い場合は、面積での料金の算出方法の方がお得といった考え方もできるでしょう。

刈った草の量

刈った草の分量で、料金を算出する方法です。草の分量の測り方は業者によって異なりますが、例えばトラックの荷台を板などで仕切ったところへ刈った草を入れていき、分量を計算している業者もあるようです。

この方法で算出している業者を利用する場合は、あらかじめ費用の算出方法を確認しておきましょう。

業者を選ぶポイント3つ

料金の内訳以外にも、信頼できる業者を選ぶポイントがあります。そのキーワードは見積り・対応・実績の3つです。これらも以下で確認してみましょう。

見積りがわかりやすいこと

多くの業者では無料で見積りをおこなっています。見積りをとる場合、作業の内容が細かく書かれていて、それに見合った料金の内訳になっているのかをよく確認しましょう。

先ほどご紹介した料金の算出方法も確認しておきましょう。こうして確認する中で不明な点があったら、依頼を決める前に業者へきちんと確認しておくことが大切です。

きちんと対応してくれること

依頼する前の対応がきちんとしているかどうかも、信頼できる業者を選ぶポイントです。例えば見積りの内容に不明点が合ったとき、こちらが納得するまで説明する業者なら安心して作業を依頼できますよね。

逆に、問い合わせの時点で曖昧な回答をする業者は、作業に不明瞭な点がある場合があるということができます。そうした業者の対応からも、よい業者かどうかを見極めることができるのです。

多くの作業実績があること

たくさんの作業実績があることも、信頼できる業者を選ぶためのポイントのひとつです。作業実績のほかにも、利用者の感想や満足度が高いかどうかも、業者を選ぶための大切な情報となることでしょう。

多くの業者ではこうした情報をホームページに掲載しています。実績が多いということは、それまでの作業の経験があるということ。熟練した技術での草刈り作業が期待できそうですよね。

まずは見積りをとってみましょう

草刈りを業者へ依頼しようかどうか迷ったら、まずは見積りをとってみてはいかがでしょうか。無料で見積りをしている業者をいくつか選んで、見積りの内容を比較するのはよりよい業者を選ぶのには最適な方法です。

そうして見積りをとるのと一緒に、業者の対応もよく確認しておきましょう。こちら側がきちんと納得した上で作業が依頼できることが大切です。見積りを判断材料とすれば、よりご自身の希望に合った業者を選ぶことができるはずです。

  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業