防草シート施工費用|平米単価は?長持ちさせるための3つのポイント

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

防草シート施工費用はいくらかかる?

防草シート施工費用はいくらかかる?

日々の草刈りを「面倒」と感じている方には、雑草対策として“防草シート”の利用がおすすめです。防草シートは、敷くだけで雑草の育成を妨げることができるという、とても便利なアイテム。庭はもちろん、家の周辺や駐車場にも使うことが可能です。

しかしそんな便利な防草シート、施工には一体いくらくらいかかるものなのでしょうか?そこで今回は、【防草シートの施工費用】についてご紹介したいと思います。防草シートの施工を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

単価表

まずは防草シートの単価についてご紹介しましょう。防草シートには、たくさんの種類があります。以下の防草シートの単価表を参考に、用途や予算に合わせたお好みのものを選ぶようにしましょう。

タイプ 費用相場(1平方メートルあたり) 特徴 耐用年数
織布(しょくふ)タイプ 150円前後~ ・安価であるため、広範囲で防草したい場合に適している
・繊維を織って作る織布であるため、ほつれる可能性がある
・厚みがないので、固い雑草はシートを突き破ってしまうことがある
5年~8年程度
不織布(ふしょくふ)タイプ 400円前後~ ・繊維を織らない不織布(ふしょくふ)であるため、ほつれる心配がなく、強度が高い
・安さと機能性のバランスがよい
・厚みがないので、固い雑草はシートを突き破ってしまうことがある
10年程度
高機能タイプ 650円前後~ ・不織布であるためほつれる心配がなく、強度が高い
・高い遮光率を誇り、シート下に日光が当たることがない
・シート自体に厚みがあるため、固い雑草でも突き破られることがない
10年程度
砂利下専用タイプ 500円前後~ ・不織布であるためほつれる心配がなく、強度が高い
・上に砂利を敷くことを前提に作られている
・固い雑草でも突き破られることがない
10年程度
駐車場専用タイプ 5,000円前後~ ・他のタイプと異なり、特殊な構造で作られている高級防草シート
・車が乗っても破損しないよう、非常に高い強度を持つ
・雑草が生えるのを防ぐのに加え、泥はね防止効果もある
10年程度

なお上記はあくまで防草シートの単価になりますので、施工を業者に依頼する場合は、上記の価格に、整地代やシート貼り付け代などの作業費用が加算されます。

作業費用の相場は、【5平方メートルあたり2,500円~10,000円程度(防草シート代除く)】です。防草シートは作業料金に含まれていないことが多いですが、事前に相談すれば別料金で用意してくれる業者もあります。

正確な防草シートの設計単価(材料費と作業費を合わせた価格)や、防草シートの撤去費用が知りたい場合は、各業者から見積りを取得するとよいでしょう。

ちなみに道路わきなどにある法面(のりめん/人工的に作られた傾斜地のこと)へ防草シートを張りたいという場合も、別料金がかかる可能性があるので注意してください。作業が難しく、高額になる可能性もあるため、法面の防草シート施工単価はあらかじめ業者に確認しておきましょう。

基本的な施工内容

防草シートの施工を業者に依頼した場合、施工内容は以下のようになります。

・草刈り作業
防草シートを張る前におこなう作業です。すでに生えてしまっている雑草を刈り取り、地面をキレイな状態にします。

・整地作業
防草シートを張りやすくするため、地面をならし、平らにします。

・防草シートの張り付け作業
整地した場所に防草シートを張り付けていきます。専用ピンなどでしっかりと固定してもらえるので安心です。

・砂利敷き作業
希望する場合は、防草シートの上に砂利を敷いてもらうことができます。

施工費用は土地の状況によって変わる

防草シートの施工費用は、シートを敷く土地の状況によっても変わることがあります。たとえば、雑草があまりにも多い場所に防草シートを敷いてもらう場合、除草作業代が高額になる可能性があるでしょう。樹木を伐採したり、切り株を掘り起こしたりといった作業が必要な場合も同様です。

また、防草シートを敷きたい場所の凹凸が激しい場合、整地作業が別料金になってしまうこともあります。業者に防草シートの施工を依頼する際は、事前に調査に来てもらい、正確な見積りを提示してもらったほうが安心でしょう。

施工費用は防草シートの種類によって変わる

防草シートの単価は、種類によって大きく変動します。たとえば駐車場用の防草シートは、車に踏み付けられても破れないよう特殊な構造で作られているため、その分価格も高くなります。一方で、固い雑草の突き破りを防げない織布タイプの防草シートなら、かなり安価に購入することができるでしょう。

防草シートを自分で用意するのであればだいたいの金額が把握できますが、防草シートの用意を業者に任せる場合は、シート代がいくらであるのか、よくわからない場合もあります。防草シートの種類によって総施工費用には大きな差が出ますので、業者に施工を依頼する際は、事前に材料費・施工費の内訳をよく確認しておくとよいでしょう。

費用を安く抑えるコツ

ここまでご説明してきたとおり、防草シートの値段はピンキリです。「少しでも費用を安く抑えたい」という場合は、織布タイプのものなど、単価が安い防草シートを選ぶとよいでしょう。「安いほうがよいけれど、耐久性もほしい」という場合は、費用と効果のバランスがよいシートを選んでください。

また材料費だけでなく施工費用も抑えたいのであれば、複数の業者から相見積りをとるのがおすすめです。これによって、施工費用の安い業者を絞り込むことができるでしょう。ただし、安すぎる業者はサービス内容が不十分である場合もあるので、作業内容については事前によく確認するようにしてください。

業者選びのヒント

せっかく費用をかけて業者に施工を依頼するのであれば、なるべく優良な業者にお願いしたいものですよね。業者選びの際は、以下のポイントをチェックしながらおこなうようにしましょう。

  • 電話対応が親切
  • ホームページなどに載っている実績が豊富
  • ネット上の口コミ評判がよい
  • 知識や経験が豊富
  • 作業内容の説明が納得できる
  • 親身になって相談に乗ってくれる

上記に当てはまるところであれば、優良な業者である可能性が高いといえます。しかし中には、「やっぱり、自分で業者を選ぶのは不安」「ネットで検索してみたけれど、うまく調べられない」という方もいるかもしれませんね。そういった場合は、ぜひ弊社「草刈り110番」にご相談ください。

弊社の無料相談窓口にご相談いただければ、お客様のご予算や条件などに対応可能な業者をご紹介することが可能です。

現地調査やお見積りのご提示は無料でおこなっておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。お客様からのご連絡をお待ちしております。

草刈りのご依頼は、草刈り110番までお電話ください
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

防草シートを使って雑草対策

ここまでで、防草シートの施工費用についてはおわかりいただけたかと思います。しかし実際、防草シートとはどのようなものなのでしょうか?

ここからは、防草シートを敷くメリットや、自分で敷く方法、効果をより発揮させるコツなどについてご紹介します。防草シートの施工に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

防草シートを敷くメリット

防草シートを敷くメリット

防草シートを敷く最大のメリットは、「雑草除去の時間と労力を削減できる」ということです。防草シートはその遮光性の高さを利用して日光を遮り、シート下にある植物の生長を妨げます。それによって雑草が生えにくくなるので、当然、雑草除去をする必要もほとんどありません。

その他、土をシートで覆ってしまうことから、雨が降った際の泥はねやぬかるみも気にならなくなるでしょう。「庭の雑草取りが面倒」「雨の日の泥はねが気になる」といった方には特に、防草シート施工をおすすめします。

砂利を敷くなら防草シートが必須

砂利は厚めに敷いておくと、地面への日光を遮るため、雑草防止の効果があります。雑草対策として砂利敷きをおこなっている方もいるでしょう。

しかし砂利は、普通に敷いてしまうと踏み付けによって地中に沈んでしまうことがあります。砂利下に防草シートを敷いておくと、これを予防することができるのです。

「雑草対策として、家の周辺に砂利敷きをしたい」という場合は、砂利と防草シートとを併用することをおすすめします。

防草シートの選び方

どの防草シートを敷くべきか悩んでしまった場合は、今一度、使用目的をよく考えてみるとよいでしょう。「数年以内に引っ越す予定だから、耐用年数はさほど長くなくてもいい」「砂利を敷く予定はないから、普通の防草シートでいい」など、防草シートに求める条件を洗い出してみてください。

防草シートは高性能になればなるほど価格帯が上がっていきますので、費用と機能を天秤にかけて、自分が一番納得できるものを探すことが大切です。

自分で防草シートを敷いてみる

防草シートは、自分で敷くことも可能です。DIYでやってみたいという場合は、以下の手順でおこなってみてください。

<1>防草シートを敷きたい場所の雑草を除去する
自力で引き抜いても、除草剤を使っても、どちらでも構いません。ただ、できれば根ごと取り除きましょう。根が残っていると、防草シートで日光を遮断しても、雑草が生育してしまうことがあるからです。

<2>整地する
防草シートを敷きやすいように、地面をならします。デコボコがなくなるよう、スコップなどの道具を使って整地しましょう。

<3>防草シートを敷く
防草シートを広げ、目的の場所に乗せましょう。このとき、シートとシートのつなぎ目が10センチ程度重なるように配置してください。

<4>任意の形状にシートを切る
防草シートを敷く場所が、必ずしもシートと同じ形状とは限りません。配置場所にフィットするように、ハサミで防草シートをカットしましょう。

<5>止めピンでシートを固定する
適切な位置にシートが敷けたら、専用のピンを使ってしっかりと地面に固定してください。使用する防草シートの種類にもよりますが、0.5メートル間隔でピンを差し込むとうまくいくことが多いです。あらかじめペンなどで防草シートにピン止めする位置を書き込んでおくと、失敗しにくいでしょう。

素人による失敗例

防草シートは自力で敷くことも可能ですが、失敗してしまうこともあります。よくあるのが、砂利敷用ではない普通のシートの上に砂利を敷いてしまって、すぐにシートが破けてしまうという失敗です。

また、防草シートには織布タイプのものと不織布タイプのものがあるのですが、織布タイプのものは固い草に弱く、突き破られてしまうことがあります。よく考えずに織布タイプの防草シートを敷いたことにより、雑草が突き抜けてしまったという失敗も多いので、シート選びの際は注意してください。

防草シートの効果を発揮させたいなら…

防草シートは、きちんと効果的に敷くことが重要です。せっかく労力を割いてシートを敷いても、雑草が生えてきてしまったら意味がないですよね。

防草シートの効果をしっかり発揮させたいのであれば、はじめから業者に依頼してしまうのが一番です。プロの除草業者なら、用途に合わせたシートの選定ができるのはもちろん、スピーディかつ確実にシート張りをおこなってくれます。

まずは弊社「草刈り110番」の無料相談窓口までご連絡ください。除草シートの張り付けを得意とする業者をご紹介させていただきます。

草刈りのご依頼は、草刈り110番までお電話ください
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

長く使うためのコツ3カ条!施工後に気を付けること

防草シートは、きちんとメンテナンスをし、丁寧に使えば、5年~10年程度は耐久します。しかし扱いが悪いとすぐにボロボロになってしまうこともあるのです。そこで、ここからは防草シートを長く使うためのコツをご紹介していきましょう。

1:砂利層に生えた雑草をとる

1:砂利層に生えた雑草をとる

基本的に防草シートが敷かれている場所では、外から雑草の種子が飛んできても、その種が地面に根付くことはほぼありません。しかし防草シートの上に砂利を載せていると、飛んできた種子が砂利にくっつき、そこから雑草が生えてきてしまうことがあるのです。

もし砂利層に生えた雑草を発見したら、すぐに除去するようにしてください。地面に根付いているわけではないので、少しの力でも簡単に抜き取れるはずです。

2:防草シートのめくれはすぐ補修

雨風や強風にさらされると、せっかく張った防草シートがめくれ上がってしまうことがあります。これを放置していると、めくれのあった箇所から雑草が生えてきてしまいますので、早急に補修をおこなうことが大切です。より固定力の高い止めピンで止め直したり、ピンの総数を増やしたりしましょう。

3:防草シートの破れはすぐ補修

防草シートの上で走り回ったり、何か物を引っかけたりすると、穴が開いてしまうことがあります。そこから雑草が生えてきてしまう可能性があるので、穴は早急にふさぐようにしましょう。

破損の度合いが小さいようであれば、粘着テープなどで補修することも可能です。一方破損の度合いが大きい場合は、粘着テープでは補修できません。新しい防草シートを破損個所より大きめに切り取り、上から重ねて穴をふさぎましょう。重ねたシートは、より丈夫なピンで止めておくと安心です。

10年後の防草シートはどうなる?

防草シートの多くは、最大でも10年程度の耐用年数となっています。10年間防草シートを敷き続けると、たとえ丁寧にメンテナンスをおこなってきたとしても、ほころびが見え始めるでしょう。

シートのタイプにもよりますが、織り込まれている糸がさけてしまい、そこから雑草が生えてきてしまうこともあります。また、シートの柔軟性がなくなり、ちょっとした衝撃で破れてしまうこともあるのです。耐用年数をまっとうした防草シートは、きちんと撤去し、新しいものに張り替えたほうがよいでしょう。

防草シートの張り替えをプロに任せるメリット

防草シートをなるべく長持ちさせるためには、メンテナンスはもちろん、「張り替え方」も重要です。周囲の環境に合わせて最適な防草シートを選択し、シートの適切な箇所をしっかりピンで固定できるかどうかで、耐久性に大きな違いが出てきます。「自分で張り替えると、耐久性が低くなってしまいそうで怖い……」と思ってしまう方もいるかもしれませんね。

その点、お庭の手入れをおこなうプロの業者に防草シートの張り替えをお願いすれば、もっとも最適な材料・方法で防草シートを敷いてもらうことができます。施工後のメンテナンス方法についてもアドバイスしてもらえるので、防草シートに不慣れな方にとってはとても心強いでしょう。

「プロに防草シートの張り替えを任せたい!」という場合は、ぜひ一度弊社「草刈り110番」までご相談ください。弊社は全国にたくさんの加盟店を有しておりますので、その中からお客様の要望にお応えできる業者をご紹介いたします。はじめての方も、どうぞ安心してご利用ください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業