草刈り斜面|作業のコツと草刈りの使い方・業者に依頼するメリット

草刈り斜面の作業はコツを覚えることで、スムーズに草を刈り取ることができます。滑り止めの靴を履く、斜面の下から作業を開始するなど、斜面での草刈りにはさまざまなコツがあります。

コツを覚えずに草刈りをすることも可能ですが、せっかくなら安全にキレイな仕上がりにしたいですよね。そこで、今回は草刈り斜面での作業のコツと草刈り機の使い方に加えて、草刈りを業者に依頼するメリットなどをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

草刈り斜面での作業のコツ

斜面での草刈りの大変さは、平坦な場所と変わらないと思っている方もいるかもしれません。しかし、斜面ではケガをする危険性が高く、コツを知らなければスムーズに刈り取るのが難しいのです。

そこで、草刈りを斜面でおこなうときに気をつけておきたいことや、作業時のコツをご紹介します。草刈り機の選び方や、業者への頼み方についても説明していますので、参考にしていただければ幸いです。

斜面での草刈りは危険!

斜面での草刈りは危険!

斜面での作業は不安定であり、姿勢を保つために意識が向いてしまうので、さまざまな被害が起こる危険性があります。どのようなことに注意するべきか、順番にみていきましょう。

・姿勢が不安定
斜面での草刈りは姿勢を保ちづらいため、足を踏み外してしまうことがあります。バランスを崩すと、重みのある草刈り機に引っ張られてしまうので、転倒によるケガや機械の故障につながります。

・刃の取り扱いに注意
雑草を刈り取ることができる刃なので、体の一部分が触れてしまうと、そのまま切り裂かれるおそれがあります。事例として指や足の一部分、または全体を切断される被害もありますので、刃の確認の際はエンジンを止めておくなど、十分に注意して取り扱いましょう。

・エンジンは切ってから確認
雑草を刈り取っていると、草がからまるなどの理由で草刈り機が止まることがあります。ただし、すぐに確認してはいけません。このまま草刈り機の止まった原因を探ると、急に回転した刃でケガをすることがありますので、はじめにエンジンを切ることを意識づけましょう。

斜面での作業のコツ

斜面では、平面で作業をおこなうときよりも気を張らなければいけません。そこで、草刈りを斜面でおこなうときに役立つ、4つのコツについてお知らせします。

1.滑り止めのある靴を履く
斜面では、スパイクのような滑り止めのある靴を履いておくと、事故の危険性を減らすことができるでしょう。バランスを崩すことで起こる事故が斜面では多いので、ふんばりがきく靴を履いておけば、リスクが減らせるというわけです。

2.斜面の下から作業
じつは、作業をする方向にもコツがあります。斜面の上からはじめてしまうと、刈り取ったあとの草が、下に生えている草にかぶさってしまいます。そうなると、下段を作業するときの邪魔になってしまいます。下から上にむかって作業すると、スムーズに作業をすることができます。

3.右から左へ移動
草刈り機の刃を動かすときは、右から左へおこないましょう。理由としては、左回転の刃を右にむかって雑草や石にぶつけてしまうと、手前へ跳ね返ってくるおそれがあるからです。

これは平面での作業にも使えるコツですが、不安定な斜面ではほかのことに意識がいきがちになるので、注意しておきましょう。

4.一度で刈ろうとしない
往復して刈り取るのは時間がかかることから、雑草を根元まで一度で刈りたいと考える方もいるはずです。しかし、一度で長さのある雑草を刈り取ってしまうと、草刈り機の刃にからまって止まることがあるのです。

さらに、からまった雑草をほぐすときに、急に草刈り機が動いてケガをする危険性があります。草刈り機の性能にもよりますが、大体20~30cmずつ刈り取ることをおすすめします。

草刈り機の種類と比較

ひとえに草刈り機といっても、動力が違う電動式とエンジン式の2種類があります。それぞれで特徴が異なるので、ふたつの草刈り機を比較してみましょう。

・電動式
電動式は音が静かで管理が簡単なことから、家庭用としてはエンジン式の草刈り機よりもおすすめできます。ただしコンセントにつなげて電源を供給するタイプのものは、コードを伸ばして届く範囲でしか草が刈れません。

また、バッテリータイプのものは、使用する前に充電が必要なことに注意しましょう。

・エンジン式
根強い雑草を刈り取りたいときは、エンジン式のほうがよいでしょう。刈り取る力が強いものが多く、燃料で動きますので、近くに電源として利用できる設備がない場所でも使いやすいです。

注意点として、排気ガスが出ることや作業音がうるさいことから、状況によってはご近所から苦情が来るおそれがあります。

【斜面の草刈り】こんなお悩みプロなら解決!

不安定な斜面での草刈りを自力でおこなうのは、さまざまなリスクがあります。もし、安全に草刈りをおこないたいと考えている方は、業者に頼むのがよいでしょう。

業者なら手際よく草刈りをおこなってくれますし、真夏や真冬などの作業が困難な季節でも対応してくれます。また、無料で見積りもおこなっていますので、料金が気になる方も一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

草刈りのご依頼は、草刈り110番までお電話ください
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

草刈りの種類と使い方

斜面での草刈りは、大変な作業です。適切な草刈り機とその使い方を知らなければ、作業がうまくいかなかったり、事故が起きたりするかもしれません。そこで、この項目では草刈り機の選び方と使い方、扱うときの危険性について解説します。

草刈り機を選ぶときのポイント

草刈り機を選ぶときのポイント

草刈り機は持ちながら扱う機械なので、重いものやサイズが大きいものは、取り回しが悪くなってしまいます。ちょっとした庭の手入れに使用するなら、手軽に使えるサイズと重さの草刈り機を選ぶのがよいでしょう。

そして、草刈り機の中でも、高価なものと安価なものがあります。高価な草刈り機は、連続使用や対候性の面で性能がよいものが多いですが、庭の状況によっては安価な草刈り機でこと足りる場合もあります。

そのため、草を刈る規模と草刈り機の性能を、照らし合わせるのが大事です。

また、切れ味がよいものは草刈りが早いため、作業効率があがります。ただし、事故が起きたときに被害が大きくなりやすいので、取り扱いには注意しましょう。

使用する道具と使い方

斜面で草刈りをするとき、主に使用するのは草刈り機です。ただ、それ以外にも作業する上で役立つ道具があります。

・草刈り機
エンジン式の草刈り機はエンジンを腰に当てて使用し、電動式は草刈り機の持ち手付近を腰におさえつけます。こうすることで持ち方が安定します。そして、草刈り機を動かし、刃を右から左に振ると雑草を刈り取ることができます。

・三角ホー
くわの先端が、三角形の刃になったような道具である三角ホーは、地面に根付いた雑草を削りだすときに便利です。使い方は、刃の先端を除草したい場所の少し奥に当てて、手前にむかって引きずります。

そうすることで手でやるよりも簡単に草をかき出すことができます。草刈り機で刈り取れなかった雑草も取り除けるので、仕上げの道具として役立つでしょう。

・その他便利なグッズ
斜面の草刈りは、スパイク付きの靴や足場を用意しておくと作業がはかどります。また、防護ゴーグルや耳栓、防振手袋を身につけておくとケガや事故が起こりにくくなります。事故を未然に防ぐためにも、念入りに準備をしておきましょう。

草刈り機の使い方とコツ

草刈り機を扱うときは、おさえておきたいポイントがいくつかあります。作業の効率にもかかわりますので、覚えておくとよいでしょう。

雑草を刈る前に、まず草刈り機を空回しさせてきちんと動作するかどうかを確認します。うまく回らないときは、回転する軸に油が不足していたり、刃が欠けてバランスが悪くなったりしているおそれがあります。

このままだと、誤作動を起こしてケガをするリスクが高まってしまいます。使用する前に点検は必ずおこなうように心がけましょう。

また、近くに人がいないことも確認しておきましょう。作業がはじまってからでは、雑草のほうに目がいきがちになるので、事前に気をつけておくのが大事です。これを怠ると、他人に危害を加えてしまいかねません。作業の合間にも確認をおこなうことをおすすめします。

そして、刈り取るときのコツとしては、右から左に動かしたあとに、刃を一旦右に戻すことが大事です。刃を左右に動かしたくなる気持ちはわかりますが、「斜面での作業のコツ」の項目でもお話したように、左から右に刃を動かすとうまく刈ることができないのです。

草刈り機を使う危険性

高速で刃が回転する草刈り機は、扱い方によっては大きな被害につながります。以下の危険性を考慮しておくと、実際に作業をするときに被害にあいにくくなるでしょう。

・使用者に刃が跳ねてくるキックバック
草刈り機の刃を石や木などの固い障害物に当ててしまうと、刃が使用者にむかって跳ね返ってくるキックバックという現象が起こります。この現象により切り傷や体の一部が切断されることもありますので、非常に危険です。

被害を防ぐには、肩ベルトをしっかりと着用しておくことや、自動ブレーキがかかる草刈り機を使用するなどの対策をしましょう。

・小物が勢いよくはじかれる
回転している刃で小さい石や破片などをはじくと、使用者や通行人、建物などに飛んでいくことがあります。自身がケガする危険性はもちろんのこと、周囲の人や所有物に被害を加えてしまい、裁判沙汰になりかねません。

対策としては、小さな石や木が跳ね返るのを防ぐことができる、飛散防護カバーをつけるのがよいでしょう。

プロに頼めば安心と安全が保障されます!

草刈り機の使い方や危険性について、ここではご紹介しました。読んでいくうちに、「自力での草刈りは大変そう……」と思った方もいるでしょう。実際に起きた草刈り機による事故は少なくありませんので、簡単な作業ではないといえます。

少しでも不安に感じた方は、業者へ頼んでみるのも手です。自力でおこなうよりも確実ですし、仕上がりもきれいにしてくれるでしょう。

草刈りのご依頼は、草刈り110番までお電話ください
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

業者に依頼したあとの流れ・メリット

業者に頼むときに考えてしまうのが、必要な料金や、自力でおこなうよりもメリットがあるのかどうかですよね。ここでは、業者に頼むことで得られるメリットや、依頼にかかる大体の料金や頼み方について詳しくお知らせします。

業者に依頼をするメリット

業者に依頼をするメリット

被害や事故が不安で草刈りをためらっている方は、業者にまかせるとよいでしょう。業者に依頼すれば手間が省けるだけでなく、さまざまなリスクを回避することができます。

・熱中症を回避
外で長い時間動き続ける草刈りは、体力のいる作業です。特に夏場は日差しが強く気温も高いことから、熱中症にかかる危険性があります。ただ、業者にまかせれば家でゆっくりしていればよいだけなので、熱中症のリスクを回避することができるでしょう。

・ケガや事故を防ぐ
草刈り機を使うときの危険性をいくつかお話しましたが、草刈りにはケガや事故がつきものです。どれだけ気をつけて作業をしたとしても、100%被害が起こらないとはいいきれません。そのため、自身にケガや事故が起こるのを防ぐには、業者のような別の人にまかせるのがよいといえます。

・アレルギーや害虫による被害
人によっては、花粉症などのアレルギーがあるために、外で作業するのが困難な方もいるはずです。また、どこからかやってくる蚊や小さい虫、あるいはヘビやハチに襲われては作業どころではなくなるかもしれません。

こういった被害を防ぐことができるのも、業者に頼むメリットだといえるでしょう。

業者に依頼してかかる費用相場

では、実際に業者に頼むときに、いったいどれぐらいの費用がかかるのでしょうか。基本的な料金は、作業面積で決まります。

作業面積1平方メートルあたり、200円ほどが相場です。ただし、雑草の伸び具合や密度によっては料金が前後することがあります。

そして、作業面積以外にも別料金が発生することがあることに注意しましょう。よくみかけるのが出張費や草刈り後の処分費、駐車料金などであり、作業時間で料金が変わる場合もあります。

もし、ご家庭で実際に依頼した場合は、15,000~30,000円ほどかかるでしょう。依頼するときは、1平方メートルあたりの費用が高いところでも、出張費や時間による費用がかからない業者もありますので、比較して適切な業者を選ぶのが大事です。

業者依頼による手順

業者に依頼するときの手順としては、次のようにおこないます。このとき、状況を説明しやすくするために、草を刈ってほしい場所の面積や、雑草の伸び具合などを事前に把握しておくとよいでしょう。

  • 業者に電話をかける
  • 見積りの日にちや時間帯を決める
  • 指定した日に業者が来て見積りをはじめる
  • 指定した日に業者が来て見積りをはじめる
  • 施工料金が提示される
  • 納得できる料金なら当日もしくは後日に作業してもらう
  • ほかの業者にも見積りを頼みたい場合は、最初の手順に戻る
  • 作業が完了したら料金を支払う

業者によっても変わりますが、大体はこの手順で草刈りを依頼することができます。ぜひ、参考にしてください。

まずは見積りをしてみよう

草刈りを業者に依頼するには、複雑な手順はいりません。また、弊社では草刈りに関するご相談を、24時間年中無休で受け付けており、現地での見積りも無料でおこなっております。

そのため、まずは見積りだけでもはじめてはいかがでしょうか。業者の頼み方についてご不明な点がございましたら、お気軽に草刈り110番へご相談ください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業