草刈り機の使い方|安全に扱うための事前準備ときれいに刈るコツ

草刈り機の使い方を理解しておくことで、安全に効率よく草刈りをおこなうことができます。しかし、草刈り機を誤った方法で扱ってしまうと、余計な手間がかかったり、刃でケガをしたりするおそれがります。

そうならないためにも、草刈り機を安全に扱うための事前準備や、きれいに刈るコツを知っておきましょう。ここでは、草刈り機の使い方から事前準備、きれいに刈るコツまでをご説明いたします。ぜひ、参考にしてみてください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

草刈り機を使う前に要チェック!

生い茂った雑草も、草刈り機を使えば効率よくきれいに刈り取ることができます。しかし、使い慣れれば便利な草刈り機ですが、安全に正しく使わなければ事故につながってしまうことがあるのです。初心者の方であれば、安全に作業をおこなうために、なおさら使い方に注意しなければなりません。ここでは、草刈り機を安全に使うために気をつけておきたいポイントをご紹介します。

まずは作業服・保護具を整えよう

業者に依頼するメリット

草刈り機を使うときは、体を守るために安全な格好で作業することが大切です。無防備な格好で草刈りをしていると、いつのまにか怪我してしまうおそれがあります。

草刈り機を使うときの基本的な服装は、長袖長ズボンの作業服です。雑草が生い茂っている中で作業をすると、草で腕や足を切ることがあります。また、草刈りをすると刈った草や小石が飛んでくることもあるのです。そのため、長袖長ズボンの作業服で作業しましょう。ほかにも、虫刺されや草のかぶれを防ぐことができます。

靴は長靴をはきましょう。長靴は足先が守られているため、足に草刈り機の刃があたってしまっても、一大事になることを防ぐことができます。また、刈った葉や小石が飛んできても、長靴をはいていれば靴の中に入り込む心配がありません。足場がぬかるんでいたり、濡れていたとしても長靴を履いていれば、足が汚れたり濡れたりすることもないでしょう。

作業用手袋の着用も大切です。草刈り機は素手で使わないようにしてください。素手で草刈り機を使い、刃が手に当たってしまったら大怪我になってしまいます。事故の可能性をできるだけ減らすためにも、作業用手袋を着用して手を守りましょう。どういったものが作業用手袋かわからなければ、ホームセンターで購入する際に店員さんへ尋ねてください。

保護メガネも準備しておくと安全です。草刈り機の使用中は、草や小石・砂利が顔に飛来するおそれがあります。保護メガネがあれば、それらから身を守れるのです。保護メガネはホームセンターやネット通販で購入することができます。

草刈り機の選び方【刃の種類】

草刈り機の刃は「ナイロン」と「金属刃」の2種類あります。それぞれの特徴についてご紹介するので、自分にあった刃はどちらか検討してみてください。

・ナイロンコード
ご家庭のお庭で使うのに向いています。ナイロンコードの特徴は、柔らかい草や細かい草を刈るのに適しており、柵や石、木が植えてあるところでも小回りが利くことです。ただし、ナイロン製の刃は、丈夫な草を刈ることができません。

・金属刃
面積の広い場所や生い茂った草原の手入れに向いています。金属刃は2~8枚ほどの刃がついており、丈夫な草を刈るのに適した刃です。金属刃は毎回、刃を研いでから使用します。

草刈り機は使用する前に、刃にヒビがあったり欠けたりしていないか点検をおこないましょう。そうでないと、怪我をする危険性があります。

草刈り機の選び方【装置の種類】

草刈り機の種類は「エンジン式」「バッテリー式」「電源コード式」があります。それぞれの特徴と注意点を見ていきましょう。

・エンジン式
エンジン式の特徴は草刈り機の中でもパワーがあることです。さらに長時間作業することができるため、広範囲の草刈りをおこなうときに向いています。注意点としては、大きな作業音が発生してしまうところです。家庭用として使う場合は近隣への配慮が必要になります。燃料にガソリンを使うため、ガソリンの購入費がかかる点も注意しましょう。

・バッテリー式
バッテリー式の特徴は、コードが必要ないため持ち運びがしやすく、どこでも草刈り可能なことです。バッテリー式は充電して使用するため、長時間の使用はできません。また、バッテリーのぶんだけ重くなるため、長時間の作業には不向きです。ご家庭のお庭でのちょっとした草の手入れに適しているといえます。

・電源コード式
電源コード式の特徴は、コードをコンセントにつないで使用するため、バッテリー式と異なり安定して長時間作業できることです。電力源を補給しなくてすむ手ごろさがあります。さらに、草刈り機の中でも安価に購入できる魅力もあります。しかし、コンセントのない場所では使用することができません。また、コードにつなげていなければ作業できないため小回りは効かず、使い勝手があまりよくないです。

草刈り機に資格はいるの?

3トン未満の草刈り機を使用する場合は、資格がなくても使うことが可能です。しかし、草刈り機を使った仕事をするときや、3トン以上の草刈り機を使用するときは「刈払機取扱作業者」という資格を取得しなければなりません。一般的なご家庭での草刈りに使う場合は、資格が必ず必要というわけではないため安心してください。

草刈り機を準備する余裕はない!

草刈り機を使おうと思ったからといって、草刈り機だけを用意すればよいわけではありません。安心安全に作業をおこなうためには、適切な服装などさまざまな準備が必要です。

草刈りをしたいけれど忙しくてなかなか草刈り機の準備ができない、そもそも草刈りの道具を揃えるのがめんどうだという方もいるでしょう。そのような方は草刈りのプロにまかせてみてはいかがでしょうか。

草刈110番では、24時間365日いつでもお客様からのご連絡を受け付けております。とりあえず相談だけでもしたいという方でも大丈夫です。お客様にあった草刈りのプロをご紹介させていただきます。まずは一度、お電話ください。

草刈りのご依頼は、草刈り110番までお電話ください
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

安全にきれいに草を刈るコツ

草刈り機は、伸び放題の雑草でも一気に刈り取ることができる優れものです。草刈り機はパワーがあるぶん、手がしびれてしまうほどの反動があります。そのため、初心者の方はなかなかうまく草を刈ることができず、苦戦することが多いのです。ここからは、草刈り機を使って安全にきれいに草を刈るコツをご紹介していきます。

基本的な草刈り機の使い方

草刈り機を選ぶときのポイント

草刈り機には肩にかけるタイプのものと、グリップハンドルタイプのものがあります。草刈り機を使うときは、まず肩にかけるタイプの草刈り機は、ベルトの長さを調節し、自分の使いやすい高さに調節しましょう。グリップハンドルタイプの草刈り機は、ハンドルの高さを自分の使いやすい位置に調節してください。

次に、草の刈り方です。草を刈るときは「右から左」へ動かします。草刈り機の刃は左回転をしているため、「左から右」に動かしてもうまく草を刈ることはできません。「右から左」へ動かしたら、刃をまた元の位置に戻して「右から左」の動きを、繰り返しましょう。

草刈り機の刃が左回転をしているのは、事故防止のためです。回転している刃の右側に障害物があたった場合、刃が障害物にはまりこんだり、草刈り機が勢いよく跳ね返されるキックバックという事故がおきたりすることがあります。そのときに「右から左」に正しく動かしていれば、事故が起きる回数も少なくできます。

草刈り機の種類ごとに異なる使い方

草刈り機は種類によって使い方が異なります。

・ナイロンコード式
ナイロンコード式は地面と刃のブレードが平行になるように持ちましょう。草刈り機をやや左に傾けながら体を左から右へ動かしていきます。

・金属刃
金属刃は左に傾けながら、右から左へ動かすのが基本です。左に傾けると、草の根本部分に刃があたりやすくなります。また、刃が左回転をしているため、左に傾けると効率よく草を刈ることができるのです。

・電動式
電動式の草刈り機は、ナイロンか金属刃かで使い方が異なります。刃による使用方法の違いは、上記にあるものと同じです。電動式はエンジン式と異なり、パワーが劣るぶん、草が刃に絡まりやすいため注意してください。一気に根本から刈り取るのではなく、草の先端から数回に分けて刈っていきましょう。

安全に草刈り機を使うための注意点

草刈り機は鋭い刃を持つため、安全面に気をつけなければなりません。安全に草刈り機を使うために、以下の点に注意してください。

  • エンジンをつけるときには周りに人がいないか確認する
  • 作業中は15メートル以上人と離れる
  • キックバックに注意する
  • 足場をしっかりと確認する
  • 動きに違和感を覚えたときは作業を止める

草刈り機の刃に人が巻き込まれると大惨事になります。自分だけでなく周りにも配慮して使わなければ、思わぬ事故を招くことになるのです。また、足場を確認したり、違和感を覚えたりしたら、事故が起きる前に作業をやめることが大切になります。

草刈り機を使うのに自信がない……

草刈り機を使えば、手作業で草刈りをおこなうより何倍も早く作業を進めることができます。草刈り機は重量があり、作業中に強い振動もあるため、草刈機を使う自信がないという方もいらっしゃるでしょう。

草刈り機を使うのに自信がないという方は、草刈のプロに依頼してみてはいかがでしょうか。プロの手を借りれば、安心してきれいに草刈り作業を終えることができますよ。

弊社は、お客様がご満足いただける草刈りのプロをご紹介しております。24時間365日無料で相談できるサービスをおこなっておりますので、お気軽にご連絡ください。

草刈りのご依頼は、草刈り110番までお電話ください
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

プロに依頼して安心。安全・確実に草を刈ろう!

草刈り機は雑草が大量に繁殖している広大な土地も、短い時間できれいにすることができます。そのため、草刈り機を使って雑草をさっぱりさせたいという方もいるでしょう。けれども、草刈り機を使用する際は常に危険がともなうため、なかなか手が出せないという方が多いのではないでしょうか?

そのようなときは、草刈のプロの手を借りましょう。プロであれば安心安全に、理想通りの草刈りをおこなってくれます。無理をして作業して大怪我につながってしまう危険性もあるため、自分で作業することに少しでも不安があるなら業者に依頼するのが一番です。

ここからは業者に依頼するメリットや業者の選び方、費用の相場をご紹介していきます。

業者に依頼するメリット

雑草対策|草刈りは雑草が小さいうちに。基本の草刈り方法をご紹介

業者に草刈りの依頼をすると得られるメリットはさまざまです。まず、安心・安全に草刈り作業を終えることができます。鋭い刃を高速回転させながら草を刈る草刈り機を、自分で持つ必要がありません。代わりにプロの業者がきれいに作業をおこなってくれます。

また、業者に頼めば、わざわざ草刈り機を購入したり、保管する場所を用意したりする必要がありません。草刈り機で作業をおこなうために必要な服装だけでなく、刃の替えなどの備品も用意しなくてもよいのです。手間をかけることなく、理想の草刈りが実現します。

自分にあっている業者の選び方

草刈の業者はたくさんあります。その中で自分にあった業者はどのように探せばよいのでしょうか。業者選びのポイントは以下の通りです。

  • 評判のよい業者
  • 実績がある
  • 無料見積りをしてもらえる
  • 見積りの内容が明確

自分にあっている業者かどうかを検討する前に、まず優良な業者なのかを見分けなければなりません。そのため、まずは評判のよい業者や実績のある業者を選びましょう。評判のよい業者や実績のある業者は、多くのお客様から支持されている証拠です。

そして、複数社の業者から無料見積りをしてもらい、費用やサービス内容を比較して検討してましょう。業者を比較する際は、見積りの内容が明確な業者を選ぶことも大切です。どのような作業をするのか、一体いくらなのか、ハッキリとわかる業者の中から自分の希望に添った業者を選ぶことができます。

草刈りにかかる費用の相場

草刈り作業にかかる費用は、作業面積で決まることが一般的です。草刈り料金は50平方メートルあたり6,000円~25,000円が相場となっています。草刈りをする草の長さによっても料金がかわる業者があるため、一度、草刈り業者に確認してみるとよいでしょう。

草刈110番では「1坪あたり500円~」草刈り業者をご紹介しております。空き地やお庭、駐車場、ゴルフ場、別荘など、幅広く対応しておりますので、どのようなお悩みを抱えていらっしゃる方でも、ご安心していただけるかと思います。24時間365日、草刈りのお問い合わせに対応しておりますので、お急ぎのお客様にも迅速で丁寧に対応いたします。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業