草むしりを簡単に済ませたい人|道具と服装、コツを押さえて始めよう

草むしりは、時間と手間がかかるので面倒くさい作業ですよね。しかし、草むしりをしないで雑草を放っておくと、害虫が寄り付き、ほかの植物の発育に悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。

この記事では、草むしりに関しての基本情報をまとめてあります。「草むしりに適している時期は?」、「草むしりにコツってあるの?」などさまざまな疑問やお困りごとを解決します。業者に依頼するメリットや費用についてもご紹介していきますよ!

草むしりをする時期と頻度

雑草は気づいたら生えていたり、抜いたところなのにまた生えてしまったりします。草むしりを最小限におさえるコツがあればうれしいですよね。ここでは、草むしりに適している時期と頻度についてご紹介していきます。

草むしりは、「1年に3回」がおすすめです。その時期は、6~7月の初夏、9~10月の初秋、11~12月の初冬を目安としておこないます。では、なぜこの時期が草むしりに適しているのか順にみていきましょう。

雑草は、雨がよく降り太陽光をたくさん浴びることのできる、初夏の時期に成長し始めます。真夏の草むしりは、雑草の量が増えるだけでなく、雑草の丈も長くなっているので、作業が大掛かりになり大変です。

また、猛暑のなかでの草むしりは熱中症になりやすいので、雑草が大きくなる前の6~7月におこなうとよいでしょう。

9~10月の初秋は、夏場に元気に育った雑草の成長スピードが減速していき、勢いがなくなる時期なので、草むしりがしやすくなります。弱ってきた雑草は一気に抜いてしまいましょう。

冬になるにつれて気温が下がるため、雑草は十分な太陽光を浴びることができずに、どんどん枯れていきます。枯れてしまった雑草をそのままにしていると、見た目が悪いだけでなく、害虫が暖かい場所を探して、雑草の下に集まってくることもあるのです。

枯れてしまった雑草はそのままにせず、処分してしまいましょう。

じつは、草むしりにはもうひとつ気をつけておくべきことがあります。それは、「雑草の種類」です。雑草には、大きくわけて1年草と多年草が存在します。1年草は、発芽から枯れるまでの周期が1年の雑草のことをいいます。

春と秋に芽を出すため、芽が出た直後の根がまだ弱々しい時期に、草むしりをおこなうとよいでしょう。1年草には、芝生でもよくみられるメヒシバなどがあります。

一方、多年草はドクダミなど、数年の間変わらずに同じ株元から芽を出し、花を咲かす雑草のことをいいます。多年草は1年中枯れない種類もあれば、冬に枯れて翌年にまた同じところから生えてくる種類もあります。

多年草は刈り取るのではなく、再度生えてこないように、根ごと抜き取ることがポイントです。

もしも、草むしりのタイミングが夏になってしまった場合は、「早朝」に済ませましょう。夏の日中、ガンガン照りのなか草むしりをすることは、紫外線も強く体によくありません。

また、少し暑さがましになる夕方ごろには、蚊がたくさん飛び回っているのでおすすめできません。

早朝に草むしりをすれば、直射日光を回避でき、湿気で少し土がゆるくなっているので、草むしりがしやすくなっているという利点もあります。早起きが得意!という人は、お休みの日の早朝に草むしりをして、スッキリさせてみてはいかがでしょうか。

そうはいうものの、暑いなかの草むしりは大変ですよね。生えすぎた雑草にお困りの方は、プロに相談してみませんか?プロに任せれば、面倒な草むしりはもちろん、雑草が生えにくくなる環境づくりも施してくれます。

毎年の草むしりに頭をかかえることも少なくなるはずです!少しでも興味があれば、お気軽に弊社までご相談ください。もちろん相談だけなら無料となっています。

草むしりをするための服装

草むしりをする際は、蚊に刺されたり雑草の葉で手を切ってしまったりということを防ぐために、服装に気をつけてください。ここでは、基本の服装だけでなく、女性に人気なおしゃれ作業着までご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

押さえておく基本の格好

押さえておく基本の格好

草むしりをする際は、長袖長ズボンが基本です。そのほかにも、押さえておく基本の格好についてわかりやすくご紹介していきますよ。

  

  • ・帽子(直射日光から守るため)
  • ・タオル(首元にまいておくと汗拭きや日焼け防止になる)
  • ・軍手(ケガ・汚れ・滑り予防になる)
  • ・長ぐつ(砂埃やぬかるんだ泥から、汚れ・転倒を予防する)
  • ・メガネ、ゴーグル(作業中に目に入るリスクのある草や石ころから目を守ってくれる)
  • ・マスク(砂埃などの吸込み防止になる)

以上のような服装が、草むしりの基本の格好です。どれも、もともと家にあるか、ホームセンターや100円ショップ、ネット販売で手に入れられるものばかりです。草むしりの際は、熱中症、ケガ、虫刺されに考慮した服装でおこなうことをおすすめします。

女性はオシャレな作業着で?

憂鬱な草むしり‥‥‥。どうせなら、おしゃれな作業着を着て気分をあげてみませんか。ここでは、女性に人気なオシャレで機能性の高い作業着についてご紹介していきます。

  • ・チェックや花柄などがプリントされている作業着
  • ・エプロンのようになっており、ポケットがたくさんついている作業着
  • ・つなぎになっており、普段着としても着用できる作業着
  • ・袖口から指先だけ出すことができるようになっている作業着
  • ・伸縮性に優れているデニム生地の作業着

上記でご紹介したような作業着に、つばが大きめの麦わら帽子などの小物を合わせると、おしゃれ上級者にみられるかもしれませんね。草むしりをする際はオシャレを楽しみながら、ケガや熱中症予防となる機能性の高い作業着を選んでみると作業が少し楽しくなるかもしれません。

草むしりに必要な道具

草むしりの服装がわかったところで、次は草むしりにあれば便利な道具についてご紹介していきましょう。作業に入る前に揃えておくと、草むしりがはかどることでしょう。

定番の草むしり道具

定番の草むしり道具

定番の草むしりの道具は以下のとおりです。

  • ・鎌
  • ・熊手
  • ・クワ
  • ・スコップ
  • ・日焼け止め
  • ・虫よけスプレー
  • ・ゴミ袋
  • ・ホウキ

草むしりをする際は、熱中症対策として水分補給もこまめにおこなうようにしましょうね。作業の前には、顔・体の両方に使用できる日焼け止めをしっかり塗り込んでおき、虫よけスプレーも忘れずに腕や足などに振っておくとよいでしょう。

根ごと取り除く道具

多年草などの雑草は、草を刈ってもまた生えてくるしぶとい雑草です。根ごと草むしりをしなければ毎年生えてきてしまいます。そこで、根ごと取り除く際に、便利な道具についてご紹介します。

  • ・ねじり鎌
  • ・クワ

土が乾燥していると固く、掘り起こすことが困難ですよね。そこで、刃の先端がねじれた構造になっているねじり鎌やクワを使うと、土が削りやすくなります。

あとは、ねじり鎌を株元に突き刺し引き抜くと、簡単に根ごと取り除くことができます。

立ったまま草むしりできる道具

草むしりは、足元に生えている雑草との闘いですよね。長時間しゃがみ込んだままの姿勢が続くと、腰や足を痛めてしまいがちです。そこで、ラクな姿勢で草むしりできるように考えられた道具もあります。

たとえば、柄の先端が長くなっており、自由自在に長さを調節できる草むしり専用の道具があります。これなら立ったまま作業ができるので、長時間の作業でも比較的ラクにおこなうことができますよ。

100均の道具はどうなの?

ねじり鎌など草むしり専用の道具を揃えるとなると、費用が気になるのではないでしょうか。本格的に草むしりをするのではなく、庭に少し生えた雑草を抜き取るだけなら、できるだけ安い道具で済むとありがたいですよね。

そんなときに便利なのが、100均で揃う草むしりアイテムたちです。100均の園芸コーナーに行くと鎌やスコップなどの道具が売られています。また、除草剤などを置いているところもありますよ。一度チェックしてみるのもよいかもしれませんね。

草むしりをプロに相談したいときはコチラ

草むしりは時間がかかり、大変ですよね‥‥‥。自分で草むしりは面倒!という人は、プロにまるごとお任せしてみませんか?草むしりは長時間しゃがみ込む姿勢が続くため、体の負担となってしまいます。また、暑いなか外での作業は熱中症のリスクも高めてしまいます。

弊社にご相談いただければ、お客様のもとへ業者を手配して、専用の草むしり道具を使って素早く作業させていただきます。草むしりに必要な服装や道具を、自分で用意する必要はありません!草むしりは、簡単そうにみえて、じつは根から抜き取らないと毎年生えてきてしまうやっかいな作業です。

プロに草むしりを任せれば、環境改善についてもアドバイスをもらえますよ。ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

草むしりをスムーズに進めるために

草むしりは、雑草の量が多ければ多いほど、生えている範囲が広ければ広いほど時間と手間がかかりますよね。草むしりをスムーズに進める方法はあるのでしょうか。ここでは、草むしりをラクにおこなうコツや注意点についてご紹介していきます。

ラクに草むしりをするコツ

ラクに草むしりをするコツ

草むしりをラクにおこなうには、コツがあります。以下にコツをまとめていますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

・雨あがり
雨上がりに草むしりをおこなうと、土が雨に濡れて柔らかくなっています。乾燥した土は鎌やクワなどを使い、土を掘り起こさなければなりません。しかし雨上がりだと、手で引っ張ると簡単に雑草を抜くことができる場合もあります。

・水をまく
雨が降らずに、なかなか草むしりするタイミングが合わないという場合は、ホースやジョウロを使って水をまいてみましょう。雨を待たずに、自分が作業したい日に前もって水をまいておけば、土が湿り草むしりがしやすくなります。

・手作業ではなく道具に頼る
手で1本ずつ草むしりをしていくと、時間も労力もかかり大変です。鎌やクワを使って土を掘り起こせば、草むしりがしやすい環境を作り出すことができます。

こうすることで、一度に数十本もの雑草の草むしりができます。文明の利器に頼れば、作業時間も短縮できますよ。

効率的に草むしりを進めるポイント

効率的に草むしりを進めるためには、雑草の目立つ範囲から、根から、背の高いものからと、どこから手をつけるかを先に決めておくとよいでしょう。一度に草むしりをおこなうと疲れてしまうので、計画的に草むしりを進めることもポイントのひとつです。

草むしりは単調な作業のため、途中で飽きてしまうという人も多いのではないでしょうか。モチベーションをあげるために、ご褒美を用意したり、音楽を聴きながら草むしりをおこなってみたりと自分なりに工夫してみてもよいかもしれませんね。

腰痛がつらい?姿勢に注目

腰痛持ちの人にとっては、草むしりはつらい作業ですよね。個人差はありますが、草むしりの際に腰痛を軽減させるための姿勢について、少しご紹介しておきましょう。

まずは、作業に入る前に軽くストレッチをしておきましょう。しゃがみ方は、つま先とひざを大きく外側に開きます。このとき、つま先とひざの方向は同じ向きになるようにしておきましょう。

草むしりの最中は、かかとに重心がくるようにしてしゃがみ、なるべく同じ姿勢を続けず、数分おきに立ち上がって筋肉を伸ばすことを心がけましょう。

草むしりはダイエットにもなる?

草むしりには、ダイエット効果が期待できるというメリットがあります。草むしりを普段からやっていればおわかりかもしれませんが、結構な重労働ですよね。

しゃがんで立ってをくり返すので、翌日以降に筋肉痛になったという人も少なくないでしょう。暑い日に作業をおこなえば、滝のように汗がしたたり落ちてくるはずです。

草むしりは、このようにカロリーを消費できるため、ダイエットにもなるのです。草むしりは憂鬱な作業ですが、ダイエットにもつながる!と思えば、やる気が湧くかもしれません。

ただし、運動不足が気になる方は、十分に準備体操をして、体をほぐしてから草むしりをおこなうようにしてくださいね。

草むしりをするときの注意点

草むしりをするときの注意点をまとめると以下のようになります。

  • ・雑草は根から抜き取るようにする
  • ・長袖・長ズボンなど作業しやすい服装でおこなう
  • ・熱中症・虫刺されに気をつける
  • ・雨上がりの土が柔らかくなっているときにおこなう
  • ・草むしり専用の道具を使用する
  • ・作業前には十分ストレッチをする
  • ・作業時間を決め、休憩をこまめにはさみ無理はしない

草むしりは単純な作業にみえますが、長い時間、野外での作業になるので意外と体力が消耗してしまいます。作業中はこまめに休憩をはさみ、水分補給をしっかりとおこない熱中症には十分注意してください。

トコトン簡単に草むしりをしたいなら

トコトン簡単に草むしりをしたい!と考えている人は、業者の力を借りることをおすすめします。自分のかわりに草むしりをおこなってくれて、作業後に出たゴミの処理まで一括してお願いすることが可能です。

作業着や道具をいちから用意するとなると、面倒なうえ、荷物が増えるから嫌だ!という人は、ぜひ弊社までご相談ください。弊社にご相談いただければ、草むしりのプロが専用の機材を持ってご自宅に伺うため、なにも準備していただく必要はありませんよ!

草を生えにくくするための予防

草むしりをした場所がせっかくきれいになったならば、今度は雑草が生えにくい環境を整えましょう。ここでは、雑草を放置するリスクや、生えにくくするための予防法についてご紹介していきます。

草を放置するリスク

草を放置するリスク

たかが雑草と思う人もいるかもしれませんが、じつは花粉症の原因となる雑草も存在しています。たとえば、夏場にかけて花粉を飛ばすブタクサは放置しておくと、目が痒くなり、鼻詰まりを起こすなど、花粉症の原因になってしまうおそれがあります。

また、雑草が生い茂っていると火事が起こった際に燃え移り、被害が拡大してしまうリスクがあります。手入れが行き届いていないと、防犯面からもよいとはいえません。

害虫が大量発生して、近所迷惑となってしまうこともあるため、雑草は放置しないようにしましょう。

除草剤を使う

雑草を生えにくくするためには、除草剤が効果的です。除草剤には、草を枯らす成分が含まれているからです。除草剤は、雑草が生えにくい土壌を整える「土壌処理型」と、雑草ごと枯らす「茎葉処理型」という種類にわかれます。

除草剤は、土壌にまく用か、雑草に吹きかける用かで、それぞれ効果が異なります。除草剤を購入する際は、お店の人に聞くなどして選ぶようにするとよいでしょう。

防草シートの活用

防草シートとは、土のうえに敷くことにより、太陽光を遮断し、植物の光合成を阻害して育たなくします。しかし、なかには防草シートを突き破って育つ植物も存在するため、防草シートを選ぶ際は、遮光性があるか、繊維が細かく頑丈にできているかなどに着目してみるとよいでしょう。

塩は効果ある?

「塩で、雑草を枯らすことができると聞いたことがある!」という人もいるのではないでしょうか。雑草に塩をかけることで、雑草の水分が奪われやすくなるため、枯れることもあるようです。

しかし、塩をまくことで、本来育てたかった植物にまで影響を及ぼしてしまうなどのデメリットがあるのでおすすめできません。

グランドカバーとは?

雑草は、庭になにも植えていない場所があるとそこから生えてきてしまいます。そこで、土が露出しているような隙間に植えられるグランドカバーという植物によって、雑草対策をすることもあるようです。

グランドカバーを植えることで雑草が生えてくるスペースを埋めることができるため、雑草の侵入を防ぐことができます。また、雑草を抜いたあとにぽっかり空いたスペースを、きれいに埋めてくれる役割も果たしてくれますよ。

草むしりの知識を深める

草むしりとうまく向き合うためには、草むしりについての知識を深めることが重要です。ここでは、庭に生えてきやすい雑草の種類や草むしりの方法についてご紹介しています。

草むしりと草刈りと草取りの違い

草むしりと草刈りと草取りの違い

草むしりとよく似た言葉に、草刈り、草取りというものがあります。この3つはどのように使いわけられているのでしょうか。違いについて簡単にまとめています。

  • ・草むしり:雑草を根ごと抜き取ること
  • ・草刈り:草を鎌などで刈り取ること
  • ・草取り:草むしりと同じ

このように草むしりと草取りは同じ意味で、草を根ごと抜き取ることをいいます。一方、草刈りは、株元を残し、雑草を短く刈り揃えることをいいます。雑草を根絶したい場合は、草むしり・草取りが有効です。

雑草の成長の勢いを止めたい場合は、草刈りがおこなわれるようです。

庭に生える雑草の種類

庭に生えやすい雑草にはいくつか種類があります。ここでは3つの雑草についてご紹介しています。

  • ・メヒシバ:イネ科の1年草で、イネのように先端に穂がついている
  • ・ドクダミ:ドクダミ科の多年草で、解毒・抗菌作用がある
  • ・チガヤ:イネ科の多年草で、生命力・繁殖力が強い

これらの雑草は、雨風や鳥などの生き物によって運ばれてくることで生えてしまいます。また、一度雑草が生えると根をはるので、広範囲に広がっていってしまうのです。

お墓の草むしりの方法

雑草はお墓のまわりにも生えてきますよね。お墓で草むしりをおこなうにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

スコップなどの道具を使う際は、墓石を傷つけないよう少し離れたところの土を掘るようにしましょう。墓石のまわりは軍手をはめて優しく手で抜き取ります。土が乾燥していれば、水をかけて湿らせてから草むしりをすると、作業しやすくなりますよ。

また草むしりしたあとに出たゴミの処分についても事前に確認しておきましょう。お寺や霊園によっては雑草置き場がありますが、自分で持ち帰らないといけないところもあるからです。

植えるのはやめたほうがよい植物

お庭の園芸を楽しむ際には、植える植物の種類にも注意しておく必要があります。たとえば、ハーブなどのシソ科の植物は一度植えてしまうと繁殖力が高いため、思った以上に育つ範囲が拡大してしまうことがあるからです。

また、ほかの植物にとっては、十分な生育スペースを確保できずに悪影響を与えてしまう場合もあります。

プロの手を借りる人も増えています

草むしりは自分でやるという人が多いですが、プロの手を借りる人も増えてきています。プロに依頼するとどのようなメリットがあり、費用はどのくらいかかるのかご紹介します。

プロに依頼するメリット

プロに依頼するメリット

草むしりをプロに依頼するメリットは、以下のとおりです。

  • ・草むしりにかかる手間と時間を省ける
  • ・作業着や草むしり道具を用意する必要がない
  • ・草むしり後のゴミ処理までおこなってもらえる
  • ・雑草が生えにくい環境づくりをしてくれる

草むしりは、長時間しゃがみ込んだままおこなわなければなりませんよね。また、夏場は暑さに耐えながらの作業になり、意外と体力を使います。プロに任せれば、ラクして草むしりが完了するだけでなく、道具もなにも準備しなくても大丈夫です。

草むしりで出たゴミの後処理もすべておこなってくれるので、ゴミ処理方法について心配する必要もありません。相談すれば、雑草を生えにくくするために防草シートや除草剤をまいてくれるので、雑草対策もバッチリですよ。

費用はどれくらい?

最後に、プロに草むしりを依頼する際の費用相場についてご紹介しています。業者ごとに価格設定やサービス内容が異なるので、まずは相見積りをとって相場を把握するようにしましょう。

  • ・3~5平米:3,500~5,000円
  • ・10平米:5,500~7,000円
  • ・30平米: 18,000~20,000円

ここでご紹介した費用相場は、草むしりをおこなう広さによって料金が設定されています。なかには、作業員ひとりひとりに対して作業料(1日当たり:10,000円ほど)が発生する場合もあります。

業者依頼は、自分ではできないような広範囲の草むしりの場合が多いようです。その場合、作業員の数で価格を決めている業者、作業範囲によって価格を決めている業者で比較してみるとよいでしょう。

弊社は、草むしりの範囲によって価格を設定しています。「この範囲の草むしりは必ず完了させたい!」というご希望どおりに作業を進めていくことが可能です。見積りをとらせていただいた段階で、費用がいくらかかるのかお知らせいたしますので、安心してご相談ください。

  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業