コニシキソウ駆除は除草剤が有効!正しく使って効果アップ|予防法も

コニシキソウは、除草剤を使って駆除することが可能です。また、再び生えてしまうことを防ぐために、駆除した後に防草シートを敷くのがおすすめです。

この記事では、除草剤でのコニシキソウの駆除方法や、防草シートの敷き方をご説明します。「庭にコニシキソウが生えて困っている」という方は、以下の内容を読んでコニシキソウの駆除や予防にぜひお役立てください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

コニシキソウ駆除は除草剤がおすすめ

まずは、除草剤を使ったコニシキソウの駆除方法をご紹介します。除草剤は正しい使い方をしないと、本来の効果が発揮されないおそれがあるので、しっかりと理解しておきましょう。

コニシキソウとは

コニシキソウとは

コニシキソウとは、トウダイグサ科の一年生雑草です。ちなみに、一年生雑草とは毎年新しい種子によって発芽する雑草のことです。コニシキソウは、国の畑や道などで多く見かけることができる植物です。赤色の茎と、中央にある赤紫色の斑点が特徴です。また、夏から秋にかけて、つぼ型をした紫色の花を複数咲かせます。その花が受粉すると小さな実が多く実ります。

効果的に除草するには

コニシキソウは、除草剤を使って効果的に除草することが可能です。ただ、除草剤は多くの種類が売られているため、どの種類を購入すればよいのか迷ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

雑草の除草剤には、大きく分けて「土壌処理型」と「茎葉処理型」があります。土壌処理型は成分が土に吸収されて根や芽を枯れさせる、つまりこれから生えてくる雑草を抑制する効果のある薬剤です。一方、茎葉処理型は薬剤をかけると、葉や茎の表面から吸収されて枯れる仕組みです。現在生えている雑草に効くタイプの薬剤となっています。

そのため、すでに生えている雑草を除去したい場合は茎葉処理型、これから雑草が生えてくることを防止したい場合は土壌処理型を使うとよいでしょう。

除草剤を購入したら、風のない晴れた日に散布しましょう。風のない日におこなうことで、近隣の家に除草剤が飛ばされてしまうのを防ぐことができます。また、晴れの日におこなうことで、雨によって流されることを防ぐことができます。

除草剤を使うときの注意点

除草剤の中には、希釈してから散布するものがあります。希釈して使う際は、必要以上に濃度を高めないようにしましょう。「濃度を高くしたほうが効果が高いのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、濃度を高めても効果が高まるわけではありません。

除草剤は、説明書きに書かれている濃度で散布するのが一番効果的です。そのため、説明書きの濃度を守って使用するようにしましょう。

また、ペットや小さなお子様のいるご家庭では、除草剤の使用に注意が必要です。ペットや小さな子供が、除草剤をかけたコニシキソウを誤って口に入れてしまい、健康被害が及ぶおそれがあります。

もし、「自分で除草できるか不安」「ペットがいるので除草剤を使わずに対処してほしい」という方は、草刈り業者に依頼するのがおすすめです。業者に依頼することで、その状況に応じた最適な方法で除草してもらうことができます。

弊社では、全国の多くの草刈り業者と提携していて、草刈りのプロが多数在籍しています。24時間365日電話対応をおこなっているため、ご都合のよい時間帯にお電話いただくことが可能です。コニシキソウの除草にお悩みの方は、ぜひ弊社までご連絡ください。

コニシキソウを駆除した後は予防が大切

コニシキソウを駆除した後は、再び生えるのを防ぐために、防草シートを敷くことをおすすめします。ここからは、防草シートについてご説明します。

再発防止には防草シートがオススメ!

再発防止には防草シートがオススメ!

防草シートを使うことで、再び雑草が生えるのを防ぐことが可能です。防草シートを地面に敷くことで、地面に日光が当たるのを防ぎます。雑草が生育するには日光が必要ですので、日光を遮断して雑草の生長を防ぐことができます。

防草シートのメリット

防草シートを使うことで、簡単に雑草の生長を防ぐことができます。防草シートはホームセンターやインターネットなどで購入することができ、施工方法もシートを敷いてピンで固定するだけなので簡単です。

また、防草シートは一度敷いてしまえば、数年間はほとんどお手入れをする必要がないので、「手間をかけずに雑草を防ぎたい」という方に最適ではないでしょうか。

防草シートのデメリット

防草シートにはデメリットもあります。ひとつ目は、景観が悪くなってしまうことです。景観が悪くなるのを防ぐには、砂利と併用するのがおすすめです。防草シートのうえに砂利を敷くことで、防草シートがむき出しの状態になるのを防ぐことができます。

また、防草シートは雑草を駆除してからでないと、敷くことができません。そのため、まず雑草を駆除する手間がかかってしまうのです。

防草シートは、業者に依頼して敷いてもらうことも可能です。より効果を発揮させるためにも、除草から防草シートの施工まで雑草対策のプロである業者に依頼してみるのもよいかもしれません。

弊社にご連絡いただければ、コニシキソウの除草から防草シートの設置までを、一括しておこなうことのできる業者をご紹介いたします。草刈りに関するご相談は、弊社のフリーダイヤルで受け付けておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

雑草の駆除や予防、プロに頼むとどんな感じ?

雑草の駆除や予防は草刈り業者に依頼することで、手間をかけずに効果的におこなってもらうことができます。しかし、業者に依頼したことがない場合、「業者に依頼するのって不安」と思う方もいるのではないでしょうか。そこで、ここからは雑草の駆除や予防を業者に依頼するメリットや費用についてご説明します。

業者に依頼するメリット

業者に依頼するメリット

業者に依頼することで、除草に関して豊富な知識と経験をもった方が作業に来てくれるので、効率的に除草や雑草予防をおこなってもらうことが可能です。また、業者に依頼することで、体力的な負担や手間をかけずに雑草対策をおこなうことができます。

除草や雑草予防は、身体に負担のかかる作業なので、億劫に感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし、業者に依頼することで、すべての作業を代わりにおこなってもらうことができます。

業者に依頼したときの費用は?

雑草の駆除や予防を依頼した際にかかる費用は業者によって計算方法が異なりますが、「単価制(面積当たりで計算)」のところが多いです。

単価制の費用相場は、約6,000円~15,000円程度で、中には25,000円程度かかる業者もあるようです。

業者によって正確な費用が異なるため、より正確な費用を知るためには業者に見積りを依頼するのがよいでしょう。このとき、見積りが無料の業者に依頼すれば、複数業者から見積りを取ることができ、より多くの費用を比較できます。そうすることで、より自分の予算に合った業者を見つけやすくなります。

弊社加盟店では、見積りを無料でおこなっております。正式な見積り後からの追加料金もかかりません。また、費用や作業内容についてわからないことがある場合は、24時間対応の弊社コールセンターで丁寧にご説明いたします。雑草対策にお困りの方は、お気軽に弊社までお電話ください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業