草取りをプロに依頼する費用とメリット!今後の雑草対策の方法も解説

「この前草取りしたばかりなのにもう生えてる!」雑草はすぐに生えてきてしまうため、キレイなお庭を維持することはなかなか大変です。お庭に雑草が生えてきてお困りであれば、草刈り業者に依頼してみてはいかがでしょうか?

雑草は1本1本は簡単に抜けても、お庭全体を草取りするとなると大変な作業です。お庭の広さによっては、草取りに数日がかりになってしまうことや長時間続けていると膝や腰を痛めてしまうこともあるでしょう。

草刈り業者であれば今後雑草が生えてこないように対策をしてもらえるうえに、自分で草取りするよりもキレイなお庭に仕上げてくれます。今後の草取りの苦労からも解放されることになるでしょう。草刈り業者は「草刈り110番」で簡単にみつけることができますので、雑草でお悩みであればぜひ一度お電話ください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

つらい草取りを楽にするコツと道具

放っておくとすぐに生い茂ってしまう雑草を手で取る作業は、大変な重労働です。しかし、業者に草取りを依頼すると費用がかかってしまうので、できれば自力で済ませたいという方もいることでしょう。そこで、つらい草取りを少しでも楽にできる方法をご紹介します。

効率的な草取りのコツ

効率的な草取りのコツ

簡単に思える草取りにも、コツがあります。やみくもな草取りは効率が悪く、疲労が増してしまうのです。しゃがんだ姿勢を長時間続けることで腰を痛めたり、夏の直射日光で熱中症になってしまったりといった危険もあります。草取りの作業がしやすくなるコツを知って、今よりも楽に草取りをしましょう。

・雑草が小さいうちにおこなう
雑草は大きく生長すると根も地中の深くまで伸び、抜くのが大変になります。また、雑草が種をつけてから草取りをすると、草取りをしながら雑草の種を拡散し、次の雑草が生えてきやすい環境を作ることになるのです。雑草がまだ小さいうちなら抜きやすく、種の拡散も未然に防ぐことができます。

・雨の後におこなう
地面が乾燥していると、がっちりと根づいた雑草を引き抜くのが大変です。雨上がりなどの地面が濡れている状態のときに草取りをすれば、比較的軽い力で雑草を抜くことができます。雨が降らない場合は、ホースなどで水をまいてから草取りをするのもよいでしょう。

・涼しい時間帯におこなう
夏場の熱中症などを防ぐために、草取りは早朝や夕方などの比較的気温の低い時間帯におこなうのが安全です。時間がかかって暑くなってきてしまった場合には無理はせず、別の日に改めておこないましょう。

・適した服装
草取りの作業は虫刺されや植物による肌のかぶれを防ぐために、肌の露出が少ない服装でおこなうのが適切です。日除けのために帽子も着用したほうがよいでしょう。手袋も必要ですが、布製の軍手は水が染み込んだり、植物のトゲなどを通して指をケガしてしまったりということもあります。ゴム手袋やラバー軍手を使うのがおすすめです。

草取りに便利な道具

道具を使えば、雑草を手で1本ずつ抜いていくよりも作業を効率的にすることが可能です。おすすめの草取りグッズをご紹介しますので、上手に活用してもっと快適に草取りをしましょう。

・草取り器
雑草の根元に刺し込むことで、根こそぎ雑草を抜き取ることができる道具です。フォークのように先端が分かれているものや、カギ爪状のもの、ギザギザとしたナイフのような形のものなどがあります。

・電動草取り器
電気の動力を使う草取り器です。雑草の根元にフォークを刺し込んで振動させたり、ドリルを回転させたりして、手動の草取り器よりもさらに軽い力で雑草を抜くことができます。

・ねじり鎌
通常の鎌は刃の部分が柄に対して縦なので、伸びた草を途中で切り取ることはできますが、根元から刈り取るには向きません。ねじり鎌は刃の部分が90度ねじれて、柄に対して横向きになっています。刃の先端のとがった部分を地面に突き刺すことで、根元を掘り返すようにして刈り取ることができるのです。

・三角ホー
刃の部分が三角形になっているクワです。とがった先端を使って、雑草を根こそぎ取り除きます。柄が長くて立ったまま使うことができるので、腰などへの負担が少なくなります。力も入れやすくなりますので、地面が硬い場所の草取りには便利です。

・草取りレーキ
レーキは枯れ葉などを集める道具ですが、地面を引っかいて雑草をまとめて抜くことができる草取り用のレーキもあります。雑草を抜き取りながら、同時にかき集めることもできるのが大きなメリットです。こちらも立った状態で使うことができるので、楽に作業をすることができます。

・草取り用イス
草取りの作業中は、しゃがんだ格好をしていることが多いでしょう。このような姿勢を長時間続けていると、ひざや腰を痛めてしまうことがあります。草取り用のイスに腰かけて作業をすれば、身体への負担を軽減することができるのです。

・除草剤
除草剤は、植物にかけたり土に混ぜたりすることで、植物を枯らせることができる薬剤です。枯れた雑草を集めて処分するだけで済むので、手で草取りをするのと比べて格段に手間を省くことができます。ただし除草剤にはさまざまな種類があり、場所や用途によって使い分ける必要があります。

草取りがもっと楽になる除草剤の種類と使い方

除草剤を使えば、雑草を枯らすことができるため、草取りの手間が省けて非常に便利です。ただし、除草剤は農家などでも使われている強力な薬剤です。多くの植物に影響を与えるため、使い方を間違えると雑草以外の木やお花も枯らせてしまうことがあります。除草剤を使う際には、目的ごとに適切な種類と使い方を確認しておきましょう。

農耕地用と非農耕地用

農耕地用と非農耕地用

土壌や植物に作用する薬剤である除草剤は、農薬取締法という法律の規制を受けます。安全性に対する試験をクリアし、農林水産大臣の認可を得て農薬として登録されている製品が「農耕地用除草剤」として販売、使用ができるのです。

一方、農薬登録のない除草剤というものも販売されています。農薬登録のない製品は「非農耕地用除草剤」とされ、人が植えたり管理したりしている植物がある場所では使用することができません。農薬登録のない非農耕地用除草剤の使用は、周りに人が植えた植物が一切ない駐車場などに限られます。

たとえ家のお庭であっても、木やお花を植えている場所で使用すると罰則を受けてしまいます。近隣に植えられている植物や農作物にも影響するおそれがあるため、家庭で使用する場合には農耕地用の除草剤を選ぶのがよいでしょう。

農薬登録のない製品には、農耕地で使用することができない旨を表示することが義務づけられています。購入する前にパッケージをよく確認しましょう。

選択性と非選択性

薬剤が触れたすべての植物に作用し、枯らせるのが非選択性除草剤です。それに対して、限定した植物のみに効果を発揮し、そのほかの植物は触れても枯らせないのが非選択性除草剤です。

植物を植える前に土壌の雑草を一掃したいのであれば、非選択性除草剤を使えばまっさらな状態にすることができます。芝生や花壇など、植物を育てているなかに混ざってしまっている雑草だけを駆除したいのであれば、選択性除草剤を使いましょう。選択性除草剤は育てている植物には影響を与えずに、特定の雑草だけを枯らせることができるのです。

選択性の除草剤のパッケージには、効果を発揮する対象の植物が表示されています。お庭に生えている雑草の種類を確認して、対応しているものを購入しましょう。

茎葉処理型と土壌処理型

茎葉処理型の除草剤は、生えている雑草の上に散布することで葉や茎から吸収され、雑草を枯らせます。対して土壌処理型は土壌に散布し、土のなかにある雑草の種の発芽を抑える除草剤です。

茎葉処理型の除草剤ですでに生い茂ってしまった雑草を駆除し、さらに土壌処理型の除草剤でこれから雑草が生えてくるのを防ぐといった使い方も有効でしょう。ただし、土壌処理型の除草剤は効果が持続している間、一切の植物を育てられなくなるものがあるため注意が必要です。

除草剤の効果的な使い方

除草剤には、液状のタイプと固形の粒状になっているタイプがあります。除草剤の形状によって効果的な使い方が異なりますので、それぞれ確認しておきましょう。

液状タイプ

茎葉処理型の除草剤は雑草の葉や茎から吸収される性質上、液状タイプであることが多いです。液状タイプは雑草に吸収されやすいので即効性がある一方で、雨などで流れやすいため効果の持続性が低いという特徴があります。そのため、液状タイプの除草剤は散布後1日程度雨が降らない日を見計らって使うのが効果的です。

製品に表示されている用量に従って除草剤を水で薄め、ジョウロや専用の噴霧器を使って雑草の上にまいていきましょう。枯れ残りがないよう、まんべんなくかけるのがポイントです。

粒状タイプ

土壌処理型の除草剤は、粒状タイプが多いです。固形の除草剤は成分が雨などで溶けて土壌に染み出してから効果を発揮します。そのため、効果が表れるまでに時間がかかりますが、少しずつ溶けていく分、長い時間効果が持続することができるのがメリットです。

粒状タイプの除草剤は液状タイプとは反対に、雨が降る前や雨上がりなどに散布すると薬剤が溶けやすくなり、効果が表れるのが早くなります。手袋をして薬剤を手に取り、土の上にまんべんなくまいていきましょう。散布機やふるいなどを使うと、きれいに均等にまくことができます。

雑草が生えないお庭を作って草取りから解放されよう

便利な道具や除草剤を使ったとしても、草取りの作業はやはり面倒ですよね。草取りから解放されたいのなら、雑草が生えてこないお庭を作るのも効果的な方法です。お庭に施すことができる雑草対策はいくつかありますので、お庭の雰囲気などを考慮して好みにあうものを選びましょう。

グランドカバー

グランドカバー

植物には、ほかの植物がすでに生い茂っている場所では育ちにくいという特性があります。この特性を利用した雑草対策が、グランドカバーです。お庭全体に植物を植えて茂らせることで、雑草が生える隙間をなくすのです。

芝生は、グランドカバーの代表だといえるでしょう。芝生は地面を覆うようにして横に茎を伸ばし、雑草の種が地面に根づくのを防いでくれます。芝生のほかにも、ヒメイワダレソウやアジュガ・レプタンスなど、地面を這うように伸びるほふく性の植物がグランドカバーに向いています。

ただし、グランドカバーは雑草を完璧に防げるわけではありません。生命力の強い雑草はわずかな隙間から生えてくることもありますので、多少の草取りは必要となるでしょう。

砂利・ウッドチップ

石や鉱物を小さく砕いたものが砂利、木材を細かくしたものがウッドチップです。砂利やウッドチップを地面に敷き詰めることで、雑草の種が地面に根づくのを防ぐことができます。また、地面を覆うことで地表にある種に日光が届かなくなり、物理的に押さえつけることで種が発芽するのを防ぎます。

地面に敷き詰めるだけなので手軽な方法ですが、敷いた上を人が歩くうちに砂利やウッドチップがずれたり地面に埋まっていくことがあります。すると隙間ができて土が表面に露出し、雑草の種が根づいてしまうこともあるのです。砂利やウッドチップの防草効果をより高めるなら、この後に紹介する防草シートと組みあわせるのが効果的です。

タイル・レンガ

タイルやレンガなどの舗装材を地面に敷くことで雑草を防ぐ方法です。防草の原理は砂利やウッドチップと同じですが、隙間が少なく、さらに歩いても土が露出する心配がないため、より効果的な雑草対策になるでしょう。

ただし、経年劣化でひび割れなどが発生すると、そこから雑草が生えてしまうことはあります。材料があればDIYで施工することも可能ですが、整地などの工程をすべて確実におこなうのは素人では難しいかもしれません。

コンクリート

広い範囲を隙間なく覆うことができるコンクリートの舗装は、もっとも効果的な雑草対策といえるでしょう。ただし、コンクリートは無機質な印象があり、お庭が殺風景に感じられるかもしれません。お庭の雰囲気も考慮して使う素材を選びましょう。

また、タイルやレンガと同様に経年劣化によってひび割れやはがれが起こり、隙間から雑草が生えてしまうことはあります。自分で施工することは難しいので、造園業者などに依頼する必要があります。

防草シート

地面に日光を通さないシートを敷くことで、種の発芽や種が根づくのを防ぐのが防草シートです。防草シートを敷いただけだと見栄えが悪いので、ほとんどの場合その上に砂利などを敷きます。グランドカバーや砂利だけ敷くよりも防草効果が高く、レンガやコンクリートに比べて施工が簡単なのでおすすめの雑草対策です。

草取りを業者に頼む場合の費用と安く抑える方法

草取りをしなくても済むようにするには、草刈りの業者を利用する方法もあります。業者に頼めば自分でつらい思いをして草取りをしなくてもよく、プロの作業によって短時間ですっきりとしたお庭を取り戻すことができるのです。

ただし、業者に頼むとなると気になるのが費用でしょう。高い費用がかかってしまうのではないかと思って、業者の利用をためらっている人も多いかもしれません。ここでは、草刈り業者の費用について詳しくみていきます。

草刈り業者の料金相場

草刈り業者の料金相場

草刈り業者の料金の決まり方には、いくつか種類があります。依頼を検討している業者の設定をみてどれくらいの費用になるかを想定してみて、相場に対して高くないかどうかを確認しましょう。料金設定の種類とそれぞれの相場は、以下の通りです。

・面積による設定
作業をする面積によって、1平方メートルや1坪単位で料金を設定している業者がもっとも多いです。1坪あたり500円~1,000円程度が相場になっています。たとえば、日本の戸建て住宅のお庭面積は20坪くらいが平均的です。このお庭を草刈りしてもらうとすると、10,000円~20,000円程度の費用がかかることになります。

・時間による設定
作業にかかる時間や日数で料金を設定している業者もあります。時間ごとの料金が作業員の人数分かかる方式で、1時間あたり1,000円~1,500円程度が相場です。20坪の土地を草刈りする場合、5時間程度が標準的な作業時間です。たとえば2人の作業員が5時間の作業をした場合、10,000円~15,000円程度の費用が発生することになります。

平坦な土地などで作業が短時間で終わる場合には、時間制のほうがお得になることが多いでしょう。ただし、作業の時間は面積や雑草の状態によって変わりますので、業者に現場を確認してもらって、見積りを出してもらうことが大切です。

作業費以外の費用と費用を抑えるポイント

先ほど紹介した費用相場は、基本的な作業費です。実際に業者に依頼する際には、このほかにも費用が発生することがあります。どんなことに費用がかかるのかを知っておくことで、費用を抑えられる可能性もあるのです。

・出張費や駐車料金
業者の作業員が、現場に移動するためのガソリン代や作業中に車を停めておくための駐車料金も費用として上乗せされることがあります。出張費は遠方の業者ほど高くなることが多いので、できるだけ近場の業者をみつけることも費用を抑えるポイントです。

・重機や除草剤の使用費
広大な土地の草刈りをする場合、業者はトラクターなどの重機を使用することがあります。こういった重機や道具を使用した際には別途、使用費が追加される場合もあるのです。また、雑草の駆除や予防のために除草剤を使用した場合にも、その分の追加料金がかかることが多いです。

・草刈りが困難な場所や状況
傾斜のある場所や建物や樹木に接近した場所、ゴミが散乱している場所などでは草刈り機が使いづらくなります。このような状況では作業の難易度や作業量が増える分、作業費が上乗せされることがあるのです。建物などの周囲はあらかじめ自分で草取りをしたり、事前にゴミを片づけたりしておけば、ある程度の費用を抑えることができるでしょう。

・雑草の処分費
刈り取った大量の雑草を業者に処分してもらうには、その量に応じて処分費が発生することもあります。業者には草を刈り取ってもらうだけにして、自分でゴミに出すようにすれば、処分費を節約することができます。

草刈り業者を利用するメリット

業者に草取りをしてもらうと費用がかかってしまいますが、当然ながらそれだけのメリットもあるのです。自分で草取りをするのに比べて、業者を利用することにどんなメリットがあるのかをご紹介します。

・手間と時間を省ける
もっとも大きなメリットは、自分で草取りをする手間と時間を省けるということです。業者によっては立ち合いが必要ない場合もありますので、出かける前に作業をはじめ、帰ってきたら雑草がない状態になっているといったことも可能でしょう。休日は、草取りをしない分自由に時間を使うこともできるのです。

・危険を回避できる
草刈りの作業には熱中症、腰痛、虫刺され、植物によるかぶれやケガなどのさまざまな危険がともないます。業者に任せてしまえば、これらの心配は一切なくなるのです。

・きれいにしてくれる
草取りには意外にコツが必要で、自分できれいに仕上げるのは難しいものです。草刈り業者は草刈りに関する知識や経験をもっていますので、自分で草取りをするのに比べてよりきれいに仕上げることができるでしょう。しっかりと根元から刈り取ることによって、再び雑草が生えてくるまでの期間も遅らせることができます。

・道具をそろえなくてもよい
草取りの道具を使えば自分でも比較的楽に作業することができますが、すべてをそろえようとすると、想定以上に費用がかかるでしょう。また、草取り道具一式を保管しておく場所も確保する必要があります。年に数回の草取りのために保管場所を作り、面倒な作業を自分でするよりも、業者に頼むほうがスマートな解決方法といえるでしょう。

・遠方の場合でも対応可能
自宅から離れた場所に土地をもっている人の場合、管理がゆき届かなくて雑草が生い茂ってしまうということも多いでしょう。そんなときに、わざわざ草取りをしに遠方まで出向くのは大変です。その土地の近くにある業者に依頼しておけば、自分が移動することなく離れた土地をきれいに維持することができます。

・後処理もしてくれる
刈り取った雑草の処分には費用がかかる場合もありますが、ゴミを引き取ってくれるというのはひとつのメリットでもあります。雑草は集めると相当な重量がありますので、ゴミ袋に詰め、収集場所まで運ぶ作業は大変な場合も多いでしょう。業者は、雑草もきちんと片づけてくれるのです。

・雑草対策もしてくれる
生えている雑草の除去だけでなく、今後の雑草対策として防草シートの施工にも対応している業者が多いです。防草シートを施工する際には、あらかじめ生えている雑草を取り除く必要があります。草刈りと防草シートの施工をまとめて草刈り業者に頼めば、それだけ手間を省くことができるのです。

草刈り業者を選ぶときのチェックポイント

草取りを業者に依頼するとなると、次はどこの業者へ依頼すればよいのかという悩みが生まれるでしょう。数多くの草刈り業者があり、料金やサービスはさまざまです。料金の安さや印象だけで選ぶと、後悔することもあるかもしれません。いくつかのポイントをチェックしておけば、納得のいくサービスをしてくれる業者を選ぶことができるでしょう。

・明瞭な料金が提示されている
業者選びでまず気になるのが料金です。インターネットなどで業者を探す際には、作業内容ごとの料金設定や内訳、追加料金がかかる場合などについて詳細に記載されているかどうかをチェックしてみましょう。あいまいな料金しか書かれていない場合には、作業の後に見積りにはない追加料金を請求されるおそれもあります。

・企業情報が公開されている
インターネットの公式サイトに、運営企業の住所や電話番号といった基本的な情報が記載されていない業者は、社会的に信頼できる企業だとはいえません。また、企業の情報だけでなくスタッフの氏名や顔写真などが公開されている業者には、それだけ責任感があるといえるでしょう。

・施工実績
公式サイトには、その業者が過去に施工した事例が掲載されていることもあります。事例が多く掲載されている業者ほど、経験を積んでいる業者だといえるでしょう。写真などで施工事例が紹介されていれば、実際の施工の様子をイメージすることもできます。

・窓口の対応
電話で問い合わせをした際の対応も、業者の信頼性をチェックするポイントです。依頼内容や要望をしっかりと聞き、それに応じた施工を提案してくれる業者は、実際の作業もていねいにしてくれることが多いでしょう。また、作業をするスタッフと直接やり取りができるかどうかも重要です。

・無料で詳細な見積り
正式に依頼をする前には、まず見積りを作ってもらって実際の費用を確認しておきましょう。草刈りの料金は現場の状況によって変動するため、現場を確認せずに料金を提示する業者は、後々追加料金が発生するおそれがあります。

また、現地をみて見積りを作成してもらうだけで見積り料や出張費、キャンセル料などがかかってしまうような業者は避けたほうがよいです。無料で見積りを作成してくれて、それ以降には追加料金が発生しないと確約している業者は信頼できるでしょう。

・相見積りを取る
業者を選ぶ際には、複数の業者から見積りを取って比較するのも有効な方法です。それぞれのサービス内容や料金を見比べ、もっとも納得のいく業者に正式な依頼をするのがよいでしょう。

業者選びに迷ったら草刈り110番にご相談ください!

草取りは、時間や体力が必要な重労働です。草取りの道具や除草剤などを使い、コツをつかめばある程度効率よくおこなうこともできますが、やはり大変な作業であることには変わりありません。

つらい草取りから解放されたいのなら、草刈り業者に依頼するのがおすすめです。草刈り業者はお庭の雑草を素早くきれいに刈り取ってくれるだけでなく、今後雑草が生えないように防草シートを施工してもらうこともできるのです。

草刈り業者はたくさんありますので、信頼できる業者を選ぶことが大切です。しかし、多くの業者をひとつひとつチェックしていくのには大変な時間と労力がかかってしまいます。

そこで、ぜひ草刈り110番にご相談ください。草刈り110番には、全国の草刈り業者が数多く加盟しています。24時間無料の電話相談でご要望を聞き、加盟店のなかから最適なお近くの業者を無料でご紹介します。

見積りは無料で、もちろん見積りを確認してからのキャンセルも可能です。一部地域では調査料が発生する場合がありますが、その場合は必ず事前に確認をします。見積り金額以外の追加費用がかかることは一切ありません。相見積りも大歓迎ですので、ぜひ一度お気軽にお電話ください。

草刈りのご依頼 今すぐお電話!
通話
無料
0120-949-868 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • ご相談から作業完了まで
  • 料金のご案内
  • 運営企業